PR

エバークック フライパンの安全性を徹底解説|購入前に知るべきポイント

エバークック フライパンの安全性を徹底解説|購入前に知るべきポイント 商品・口コミ
この記事は広告(アフィリエイト・Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

この記事を読んでいるということは、

エバークックのフライパン
安全性はどうなの?

とお悩みではないでしょうか。

エバークックのフライパンは、使いやすさとデザイン性で人気ですが、安全性についてもしっかりと確認しておきたいところですよね。

そこでこの記事では、エバークックのメリットとデメリットをお伝えし、安全性を徹底解説しました。

「傷ついた場合の対処法」「揚げ物に使えるのか」「PFASフリーなのか」などの疑問を掘り下げ、「買ってはいけないフライパン」や「安全なおすすめフライパン」についてもお伝えします。

編集部
編集部

安心して使えるフライパンをお探しの方は、ぜひ最後までお読みください。

  • エバークックのフライパンは
    PFOAやPFOSを使用せず安全である
  • エバークックのメリットとデメリット
  • 使用上の注意点と長持ちさせる方法
  • グリーンパンとの比較や購入場所
  1. エバークックのフライパンの安全性とメリット・デメリット
    1. 安全性を深堀り
      1. 長時間の空焚きや強火には注意
    2. エバークックのメリットとは?
      1. こびりつきにくい
      2. 簡単なお手入れ
      3. 耐摩耗性に優れている
      4. デザインや色がおしゃれ
    3. エバークックのデメリットは?
      1. 長時間強火での調理は向かない
      2. 空焚きは避ける必要がある
      3. 傷つかないように注意する必要がある
    4. 買ってはいけないフライパンは?
      1. 有害物質が使用されているフライパン
      2. 安価なフッ素樹脂コーティング
      3. 重すぎるフライパン(人を選ぶ)
      4. 過剰な宣伝文句には注意が必要
    5. どこで売ってる?
      1. エバークックをお得に購入するおすすめは?
  2. 安全性を理解したら|エバークックのフライパンに関する疑問を解決
    1. エバークックとは|ドウシシャが製造・販売するブランド
    2. 揚げ物に使えるのか?
    3. 傷ついたエバークックは大丈夫?
    4. エバークックとグリーンパン
    5. 有害物質とは?体に害のないフライパン
    6. エバークックはPFASフリーなの?
    7. 注意点は?エバークックを安全に長持ちさせる
      1. 火力の調整
      2. 空焚きは絶対に避ける
      3. 金属製の調理器具は使わない
      4. 調理後のケア
    8. 安全なフライパンのおすすめは?
      1. グリーンパン
      2. リバーライト極ジャパンの鉄製フライパン
      3. クリステル|ステンレスフライパン
      4. エバークック
    9. 記事のまとめ:エバークック フライパンの安全性を徹底解説|購入前に知るべきポイント

エバークックのフライパンの安全性とメリット・デメリット

  1. 安全性を深堀り
  2. エバークックのメリットとは?
  3. エバークックのデメリットは?
  4. 買ってはいけないフライパンは?
  5. どこで売ってる?

安全性を深堀り

では早速、エバークックのフライパンの安全性についてチェックしていきましょう。

結論は、適切に使用すれば安全です。

なぜなら、エバークックは、フライパンの安全性を語るときに有害な化学物質とされる「PFOA」や「PFOS」といった有機フッ素化合物を使用していません。

有機フッ素化合物は、近年、有害性や蓄積性などが明らかとなってきたため、製造、使用等が制限されている物質です。

環境省は令和2年5月28日、PFOSとPFOAを人の健康の保護に関する要監視項目に位置づけ、公共用水域及び地下水における暫定目標値(暫定指針値)を1リットルあたり50ナノグラム(50ng/L、PFOSとPFOAの合計値)に定めました。

引用元:神奈川県HPより抜粋

そのため、通常の使用方法では健康に悪影響を与える心配は低いと言えるからです。

長時間の空焚きや強火には注意

エバークックのフライパンは、アンカー構造とアルマイトのコーティングが使用されています。

引用画像:エバークック公式サイトより

コーティングに使われているのは、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)という成分でフッ素樹脂コーティングの一種です。

フッ素樹脂コーティングも有毒ガスの心配はありますが、260度以上の高温でなければ発生しません。

フライパンの日常的な調理温度は150~200度程度なので、通常の調理環境では安全に問題がないと言えるのです。

ただし、長時間の空焚きや強火での使用には十分注意する必要があります。フライパンのコーティングが劣化し、有毒ガスが発生する恐れがあるためです。

まとめると、エバークックのフライパンは、適切な使用方法を守ることで安全に長く使える製品です。

日常の調理で使いやすく健康への配慮もされており、比較的リーズナブルな点も魅力です。

エバークックのメリットとは?

では、エバークックのフライパンにはどんなメリットがあるのでしょうか。

こびりつきにくい

メリットのひとつは、こびりつきにくさです。

エバークックの独自コーティング技術により、目玉焼きや餃子などがツルんと仕上がります。

こびりつきにくため、調理中のストレスが大幅に軽減されます。

簡単なお手入れ

お手入れが非常に簡単なのも、エバークックのメリットです。

フライパンの表面がツルツルしているため、調理後に水を流すだけで汚れが落ちやすくなっています。

スポンジをきれいに保て、洗う手間も少なくなります。忙しい日々の中で、この手軽さはとてもありがたいのではないでしょうか。

耐摩耗性に優れている

耐摩耗性に優れている点もエバークックのメリットのひとつです。

エバークックのフライパンは、通常の使用範囲であれば、コーティングが長持ちし、長期間にわたってその性能を保ちます。

頻繁に買い替える必要がなく、コストパフォーマンスも優れています。

デザインや色がおしゃれ

デザインや色がおしゃれで、キッチンに置いてあるだけで気分が上がるのもエバークックのメリットかもしれません。

色のバリエーションが豊富だったり限定色が販売していたり、おしゃれな色味が多いので、自分の好みに合ったフライパンを選ぶことができます。

エバークックのデメリットは?

反対にエバークックのフライパンには、どんなデメリットがあるのでしょうか。

長時間強火での調理は向かない

長時間強火での調理が向かない点は、デメリットのひとつです。

先にお話ししたように、エバークックのフライパンは強火で使用するとコーティングが劣化しやすくなります。

そのため、調理中は強火での使用に注意が必要で、これを守らないとフライパンの寿命が短くなってしまいます。

空焚きは避ける必要がある

空焚きをするとフライパンが過熱し、コーティングが損傷するだけでなく、有害なガスが発生する可能性があります。

安全性に影響を及ぼすことがあるため、空焚きは絶対に避ける必要があります。

傷つかないように注意する必要がある

エバークックのフライパンは、傷つかないように注意する必要があります。

例えば、金属製の調理器具を使うと、フライパンのコーティングが剥がれやすくなるため、木製やシリコン製の調理器具を使用するのが無難です。推奨されています。

人によっては、使い勝手が悪く感じるかもしれません。

買ってはいけないフライパンは?

どんなフライパンは
買ってはいけないの?

と悩む人もいるかもしれません。

買ってはいけないフライパンには、いくつかの特徴があります。

有害物質が使用されているフライパン

PFOAやPFOSといった有害物質が使用されているフライパンは避けるべきです。

これらの物質は健康に悪影響を及ぼす可能性があり、環境にも有害です。

特に古いモデルのフライパンには、これらの化学物質が含まれていることがあるので注意が必要です。

安価なフッ素樹脂コーティング

安価なフッ素樹脂コーティングのフライパンも避けるべきです。

これらのフライパンは、コーティングが剥がれやすく、短期間で使用不能になることが多いです。

コーティングが剥がれると、食材がこびりつきやすくなるだけでなく、フライパン自体の寿命も短くなります。

基本的に、あまりにも安価なフライパン全般には注意が必要です。

安価なフライパンは、素材やコーティングの品質が低いため、長期間使用することが難しい場合があります。

耐久性が低いと頻繁に買い替える必要があり、結果的にコストパフォーマンスが悪くなります。

重すぎるフライパン(人を選ぶ)

人によっては、重すぎるフライパンも避けた方が良いかもしれません。

例えば、鋳鉄製のフライパンは耐久性が高い一方で、非常に重いものが多いです。

重いフライパンは取り扱いが難しく、力の弱い人や高齢者には不向きです。

使うことが嫌になり、「せっかく購入したのに出番がない」という結果になってしまうかもしれません。

過剰な宣伝文句には注意が必要

派手で過剰な宣伝文句で飾られているフライパンも注意が必要です。

例えば、「ダイヤモンドコート」や「チタンコート」などの宣伝文句がある場合でも、実際の効果や耐久性は製品によって大きく異なります。

値段と性能が見合っているか、宣伝文句は本当かなど、購入前には使用者のレビューや製品情報をよく確認することが大切です。

どこで売ってる?

では、エバークックのフライパンはどこで売っているのでしょうか。

実は、エバークックの製品はさまざまな店舗・オンラインショップで購入できます。

以下は、エバークックが売っている主な店舗や通販サイトです。

  • イオン
  • ドン・キホーテ
  • コーナン
  • ビバホーム
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機
  • 公式オンラインストア
  • 楽天
  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング

取り扱い店はバラエティショップからホームセンター、オンラインストアと幅広い印象ですが、カインズやコメリなど、一部のホームセンターでは取り扱いがない場合もあります。

エバークックをお得に購入するおすすめは?

エバークックのフライパンを購入する場合のおすすめは、楽天やAmazonなどのオンラインショップです。

イオンやドン・キホーテ、ビッグカメラなどの実店舗は、取り扱いモデルにばらつきがあったり、運悪く品切れで手に入らないこともあります。

その点オンラインショップは、取り扱いモデルが豊富で在庫情報もひと目で分かります。

また、豊富な商品レビューを参考にすることができ、自分に合ったフライパンを選びやすいこともおすすめできる理由です。

特に楽天は、ポイント還元やクーポンなども多く、販売元ドウシシャの公式ストア「ドウシシャマルシェ楽天市場店」が出店しているので、安心してお買い物ができます。

安全性を理解したら|エバークックのフライパンに関する疑問を解決

  1. エバークックとは
  2. 揚げ物に使えるのか?
  3. 傷ついたエバークックは大丈夫?
  4. エバークックとグリーンパン
  5. 有害物質とは?体に害のないフライパン
  6. エバークックはPFASフリーなの?
  7. 注意点は?エバークックを長持ちさせる
  8. 安全なフライパンのおすすめは?

エバークックとは|ドウシシャが製造・販売するブランド

エバークックとは、株式会社ドウシシャが製造・販売するフライパンブランドです。

ドウシシャは、大阪と東京に本社があり、プライベートブランドの商品企画や開発、販売などを手掛けたり、海外ブランドの商品を仕入れ、販売などを行っている企業です。

「いつも生活の一部にある存在でありたい」というコンセプトで『あっ、ここにもドウシシャ!』というフレーズをキャッチコピーにしています。

参考画像:ドウシシャホームページより

独自のアンカー構造を採用した高品質なコーティングが特徴で、剥がれにくく長期間にわたりこびりつきにくい性能をキープします。

エバークックのフライパンは、ガス火専用モデルからIH対応モデルまで、幅広いラインナップを揃えています。

一般的な丸型フライパンに加え、卵焼き用の四角いフライパンなども展開しており、用途に合わせて選ぶことができます。

エバークックは、インスタグラムフェイスブックなどのSNSも運営しています。

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】evercook(エバークック)(@evercook_kitchen)がシェアした投稿

最新情報が気になる方は、フォローしておくと良いかもしれません。

項目 情報
社名 株式会社ドウシシャ
大阪本社 〒542-8525 大阪市中央区東心斎橋1-5-5
TEL: 06-6121-5888(代)
東京本社 〒108-8573 東京都港区高輪2-21-46
TEL: 03-6408-5577(代)
東京本社第1ビル 〒140-0011 東京都品川区東大井1-8-10
TEL: 03-3474-6804(代)
創業 1974年10月
設立 1977年1月
資本金 49億93百万円 (2023年3月末現在)
従業員数 連結:1,387名/単体:825名 (2023年3月末現在)
ホームページ https://www.doshisha.co.jp/

揚げ物に使えるのか?

結論を言うと、エバークックのフライパンで揚げ物をするのはおすすめできません。

なぜなら、高温で使うとフライパンのコーティングに悪影響を及ぼすためです。

お伝えしたように、エバークックのフライパンは独自のコーティング技術でこびりつきにくさを実現していますが、高温になるとコーティングが劣化しやすくなります。

揚げ物をするときの油温は、一般的に180度程度がですが、フライパンの底面はさらに高温になります。

これにより、フライパンのコーティングが早く傷んでしまう可能性があります。

さらに、高温での長時間使用は有毒ガスの発生リスクも伴います。PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)が高温で分解されると有害なガスが発生するため、安全性の観点からも避けるべきです。

揚げ物をしたい場合は、専用の揚げ物鍋を使用することをお勧めします。

傷ついたエバークックは大丈夫?

エバークックのフライパンが傷ついた場合、小さな傷であれば大きな問題はないと言えます。しかし、傷が大きい場合や深い場合は注意が必要です。

まず、フライパンのコーティングに傷が入ったり剥がれると、食材がこびりつきやすくなります。

エバークックの魅力である「こびりつきにくさ」が損なわれるため、調理にストレスを感じることが増えるでしょう。

また、コーティングが剥がれると、その下の素材が露出して耐久性も低下します。傷が深く広範囲に広がってくると、有害物質のリスクも考えられます。

 

お伝えしたように、エバークックのフライパンは、PFOAやPFOSを使用していない安全なコーティングを採用しています。

ですが、コーティングが完全に剥がれたまま調理を続けた場合、健康にどのような影響を与えるかは不明なため、あまり好ましいことではありません。

もし、エバークックのフライパンに深い傷がついてしまった場合は、早めに買い替えることをお勧めします。

傷が浅いうちであれば、木製やシリコン製の調理器具を使用して、これ以上傷が広がらないようにするのが良いでしょう。

エバークックとグリーンパン

フライパンを選ぶとき、エバークックとグリーンパンで悩む人は多いようです。

どちらも人気のあるフライパンですが、それぞれに特徴があります。

まず、エバークックは独自のコーティング技術でこびりつきにくさを実現しており、目玉焼きや餃子などをこびりつかずにスムーズに調理できます。

耐摩耗性にも優れており、日常の使用で長持ちする点が魅力です。

価格も比較的手頃であり、デザインもおしゃれです。キッチンのインテリアに合わせやすいカラーバリエーションが豊富です。

使い勝手の面では、エバークックは軽量で扱いやすく、初心者でも簡単に使えます。

 

一方、グリーンパンはセラミックコーティングを使用しており、PTFEやPFOAを含まない安全なフライパンです。

高温でもコーティングが劣化しにくく、環境にも優しい製品です。グリーンパンは、特に健康や環境への配慮を重視する方に向いています。

エバークックに比べてグリーンパンは少し高価ですが、長期間使用できる耐久性と安全性を誇っています。

グリーンパンはやや重さがありますが、その分しっかりとした作りで、料理の仕上がりが安定しています。

どっちが良いか迷ったときは、自分の調理スタイルや重視するポイントで決めると良いかもしれません。

例えば、手軽に使えてお手入れが簡単なフライパンを求めるならエバークックが適しています。

環境や健康への配慮やしっかりした作りを求めている場合は、グリーンパンが良い選択となります。

有害物質とは?体に害のないフライパン

体に害のないフライパンを選ぶためには、使用されている有害物質について知っておくことが重要です。

一般的に、有害物質として問題視されるのは、PFOA(パーフルオロオクタン酸)やPFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸)といった化学物質です。

これらは、フライパンのコーティングに使われていたことがありますが、健康に悪影響を与える可能性が指摘されています。

PFOAとPFOSは、環境中で分解されにくく、体内に蓄積されやすい特性があります。

長期間にわたる摂取で、肝臓や生殖機能に悪影響を及ぼす可能性があるとされています。

特にPFOAは発がん性のリスクも指摘されており、多くの国で使用が規制されています。

体に害のないフライパンを選ぶ際は、使用されているコーティングの成分とその安全性に注意を払うことが重要です。

エバークックのように、安全な材料を使用しているフライパンを選ぶことで、健康に配慮した調理を楽しむことができます。

エバークックはPFASフリーなの?

エバークックは
PFASフリーなの?

と疑問をもっている人もいるかもしれません。

PFASは、人体に蓄積されやすく長期間にわたる摂取で健康に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

PFASとは4730種を超える有機フッ素化合物の総称。自然界で分解しにくく水などに蓄積することがわかったほか、人への毒性も指摘されており、国際条約で廃絶や使用制限しています。PFASのうち「PFOS」と「PFOA」は水や油をはじき、熱に対し安定的な特性があることから、消火剤やフライパンのコーティング剤などに使われてきました。

引用元:日本経済新聞より

結論から言うと、エバークックのフライパンは、PFAS(パーフルオロアルキル化合物)フリーです。

ただし、先にお伝えしたようにエバークックのフライパンは、アンカー構造×アルマイトのコーティングがされていて、コーティング成分は、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)です。

PTFE自体は高温で分解されない限り安全とされているため、安心して使用できます。

注意点は?エバークックを安全に長持ちさせる

エバークックのフライパンを安全に使うためには、いくつかの注意点を守ることが大切です。

火力の調整

まず、火力の調整が重要です。

エバークックのフライパンは、中火以下で使用することが推奨されており、強火での使用は避けるべきです。

強火にすると、コーティングが劣化しやすくなり、焦げ付きや変色の原因となります。

空焚きは絶対に避ける

また、空焚きは絶対に避けましょう。

空焚きをするとフライパンが過熱し、コーティングが損傷するだけでなく、有毒ガスが発生する危険があります。

調理を始める前には、必ず適量の油をひいてから加熱するようにしてください。

金属製の調理器具は使わない

金属製の調理器具の使用は控えるべきです。

金属製のヘラやスプーンは、フライパンの表面を傷つける可能性があります。

木製やシリコン製の調理器具を使用することで、コーティングの劣化を防ぎ、フライパンを長持ちさせることができます。

調理後のケア

調理後のケアも大切です。

熱いままのフライパンに冷水をかけると、急激な温度変化でコーティングが剥がれやすくなります。

調理後は、フライパンを少し冷ましてから洗うようにしましょう。

また、洗剤を使って洗う際には、やさしいスポンジを使用し、強くこすらないように注意してください。

安全なフライパンのおすすめは?

安全なフライパンを選びたいなら、使用されている材料とコーティングに注目することが大切です。

ここではエバークック以外に安全面の評価が高いフライパンをいくつかご紹介します。

グリーンパン

グリーンパンは、セラミックコーティングを使用していることが特徴で、PTFEやPFOAを含まない安心できるフライパンです。

セラミックは高温でも劣化しにくく、環境にも優しい素材です。熱伝導率が高く、食材をムラなく加熱できる点も魅力です。

リバーライト極ジャパンの鉄製フライパン

鉄製のフライパンは、耐久性が非常に高く、正しい手入れをすれば一生使えるほど長持ちします。

鉄分が料理に溶け出すため、貧血予防にも効果的です。

リバーライト極ジャパンのフライパンは、特に錆びにくい加工が施されており、お手入れも比較的簡単です。

クリステル|ステンレスフライパン

ステンレス製のフライパンも、安全性が高くおすすめです。

ステンレスはさびにくく、化学物質が溶け出す心配もありません。調理中に金属製の調理器具を使用しても傷が付きにくいのが特徴です。

長く使えるフライパンを求める方にはステンレス製が適しています。

特にクリステルのフライパンは、高温度まで熱して調理ができ、ステーキや餃子など油を含んだ食材などをこんがりと美味しく焼き上げることができます。

取っ手が取り外し可能になっているため収納にも優れ、美しい見た目でキッチンがおしゃれになるのも魅力です。

クリステルのフライパンの寿命は何年?長持ちの秘訣や耐久性の秘密
この記事ではクリステルのフライパンの寿命についてまとめています。クリステルに興味がある方は「寿命は何年くらい?」と疑問をもつはずです。長持ちの秘訣や耐久性の秘密も解説しています。

エバークック

最後に、エバークックのフライパンです。

独自のアンカー構造とアルマイトのコーティングが特徴で、耐久性と使いやすさを兼ね備えています。

PFOAやPFOSといった有害な有機フッ素化合物を使用していません。

こびりつきにくい独自のコーティング技術を持っており、耐摩耗性にも優れており、通常の使用であればコーティングが長持ちし、長期間にわたって性能を保つことができます。

また、デザインや色のバリエーションも豊富で、キッチンのインテリアに合わせやすい点も魅力です。

お手入れも簡単で、フライパンの表面がツルツルしているため、水を流すだけで汚れが落ちやすく、忙しい日々の中でも手軽に使えます。

記事のまとめ:エバークック フライパンの安全性を徹底解説|購入前に知るべきポイント

編集部
編集部

最後に今回の記事をまとめます!

  • エバークックはPFOAやPFOSを使用していない
  • 有機フッ素化合物の使用制限に対応している
  • 長時間の空焚きや強火での使用には注意が必要
  • PTFEコーティングが使われている
  • 260度以上の高温で有毒ガスが発生する可能性
  • 通常の調理温度では安全に使用できる
  • 適切な使用方法を守れば安全である
  • こびりつきにくい独自のコーティング技術
  • 簡単なお手入れが可能である
  • 耐摩耗性に優れ、長期間使用できる
  • デザインや色のバリエーションが豊富
  • 長時間強火での調理は避けるべき
  • 空焚きを避ける必要がある
  • 傷つかないように注意する必要
  • オンラインショップでの購入が便利である
タイトルとURLをコピーしました