PR

成瀬は天下を取りに行くは面白くない?評判と人気の秘密を徹底調査

成瀬は天下を取りに行くは面白くない?評判と人気の秘密を徹底調査 商品・口コミ
この記事は広告(アフィリエイト・Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

「成瀬は天下を取りに行く」って大人気だけど、 面白くないって本当?

シリーズ累計55万部を売り上げる「成瀬は天下を取りに行く」ですが、なかには「面白くない」「嫌い」という人もいます。それはどうしてなのでしょう。

この記事では、成瀬は天下を取りに行くの評判と人気の秘密を徹底調査。作品の魅力や批判的な意見を掘り下げます。

他にも、

  • 成瀬あかりの性格や名言
  • イラストの魅力
  • ドラマ化の可能性

などについても触れます。

「興味はあるけど、面白くないという声があるからまだ読んでいない」という方の参考になれば嬉しいです。

編集部
編集部

「成瀬は天下を取りに行く」を楽しむ一助となれば幸いです。

  • 「成瀬は天下を取りに行く」が
    面白くないと言われる理由
  • なぜ人気なのか?その魅力
  • 成瀬あかりの性格や名言について
  • 続編やドラマ化、文庫本の発売情報

「成瀬は天下を取りに行く」は面白くないって本当?

  • 面白くない?嫌いな人の意見
  • なぜ人気なのか?
  • レビューや口コミをまとめてみた
  • 成瀬は天下を取りに行くのあらすじ紹介
  • どっちが先?「成瀬は天下を取りに行く」の続編
  • どこで読むのがおすすめ?

面白くない?嫌いな人の意見

「成瀬は天下を取りに行く」は、シリーズ累計55万部を売り上げる人気作品です。しかし、なかには「面白くない」「嫌い」という人もいます。

ここでは、成瀬は天下を取りに行くが嫌われる理由について深堀りしていきます。

キャラクターに共感できない

まずは、主人公の成瀬あかりのキャラクターに共感できないというケースです。

成瀬は非常に個性的で、突拍子もない行動を次々と繰り広げます。

例えば、閉店するデパートに毎日通い、生中継に映り込むといった行動は、多くの読者にとっては非現実的で理解しにくいと感じることもあるでしょう。

また、一見すると成瀬の自己中心的な言動が、一部の読者には受け入れがたいと感じられることもあるようです。

ストーリーが散漫に感じられる

「物語の展開が突拍子すぎて予測できないのが嫌い」という声もあります。

たしかに、成瀬の行動は予測不能なため、ストーリーが散漫に感じられる人もいるのでしょう。エピソードが次々と切り替わり、統一感に欠けると感じる読者もいるようです。

物語の一貫性を求める読者にとっては、ストーリーが面白くないのかもしれません。

ローカルな設定が感情移入しにくい

また、滋賀県大津市というローカルな設定が感情移入できないと感じる人もいます。

たしかに、地元の風景や文化に馴染みがない読者にとっては、時に描写がわかりにくく、「ローカルネタ」が感情移入しづらいのかもしれません。

とくに成瀬の地元愛が強調されるシーンは、地域に関心がない人にとっては退屈なのでしょう。

過度な宣伝やメディア露出が逆効果に

過度な宣伝やメディア露出が逆効果になっていることも考えられます。

例えば、著名人が絶賛するコメントや大々的な宣伝が行われると、一部の読者は期待値がグッと高くなり、実際読んだときにギャップを感じることがあります。

「期待していたほど面白くはなかった」「期待外れだった」という読者も出るため、作品への不満に繋がることもあります。

なぜ人気なのか?

では、一方で「成瀬は天下を取りに行く」が人気を集めている理由は、一体どこにあるのでしょうか。ここでは、その魅力について深堀りしていきます。

主人公成瀬あかりの際立つキャラクター

まず、主人公成瀬あかりのキャラクターが際立っていることです。

成瀬は、何事にも全力で取り組み、他人の目を気にせずに自分の信じた道を進みます。この姿は非常に印象的で、読者に大きなインパクトや感動を与えます。

彼女の行動力や独特の発想は、読んでいて爽快感がありますし、多くの人が共感できる部分もあるのではないでしょうか。

物語の設定が魅力的

そして、物語の設定自体も魅力的です。

舞台となる滋賀県大津市のローカルな雰囲気は、作品全体に独特の味わいを加えています。

例えば、地元愛に溢れるエピソードや地域に根ざした描写がリアリティを感じさせ、地元の読者だけでなく、全国の読者も共感しやすい内容になっています。

笑いを誘うユーモア

笑いを誘うユーモラスなシーンが豊富なのも人気の秘密です。

成瀬の突拍子もない行動や島崎(親友)との掛け合いは、読者を飽きさせません。

例えば、M-1グランプリに挑戦するシーンや髪を坊主にするエピソードなど、思わずクスッと笑ってしまう場面がたくさんあります。

言葉や行動に込められたメッセージ

成瀬の言葉や行動込められた深いメッセージも読者を魅了します。

このあと詳しくお伝えしますが、「やってみないとわからないことはたくさんある」など、彼女が発する考え方(名言)は、多くの人に勇気を与えます。

ユーモアだけでなく、心に残る名言やメッセージ性も人気の理由の一つです。

レビューや口コミをまとめてみた

ここでは、「成瀬は天下を取りに行く」を読んだ人のレビューや口コミをご紹介します。

まず、主人公の成瀬あかりに関するコメントが多く見られます。

成瀬の行動力と独特の発想に驚かされるという声が多く、「彼女のような友達が欲しい」「こんなに自由奔放に生きられたら楽しいだろう」という感想が目立ちます。

彼女の大胆な行動に、読者は爽快感を感じるとともに、自分ももっと自由に生きたいと思わせるようです。

一方で、ストーリーの進行に関しては賛否両論があります。

ある読者は、「展開が予測できないので、次に何が起こるのか楽しみだった」と評価していますが、別の読者は「エピソードが散漫でまとまりがない」と感じたようです。

成瀬の突拍子もない行動が好きな人には楽しめる一方で、統一感を求める人には少し混乱するかもしれません。

また、地元の滋賀県大津市を舞台にした設定についても触れられています。

「地元愛が感じられて良い」「滋賀に行ってみたくなった」という意見が多く、地域の魅力を引き出している点が評価されています。

ただし、「滋賀に馴染みがないとわかりにくい部分もある」との声もあり、ローカル色の強さが一部の読者には不親切に感じられることもあるようです。

成瀬と島崎の関係性に関するコメントも多く、彼女たちの友情が物語の大きな魅力となっています。

「成瀬の突飛な行動に振り回される島崎のリアクションが面白い」「二人の掛け合いが最高」といった評価が多いです。

特に、島崎が成瀬の行動にどう対応するのかが見どころとなっており、彼女たちの友情に心温まるという声が多いです。

「成瀬は天下を取りに行く」は、ユニークなキャラクターと心温まるストーリー、そして地元愛溢れる描写が読者に強く支持されています。成瀬の生き方に共感し、楽しんで読んでいる人が多い印象です。

成瀬は天下を取りに行くのあらすじ紹介

「成瀬は天下を取りに行く」は、滋賀県大津市を舞台に、成瀬あかりが繰り広げるユニークで感動的な青春物語です。

ここでは、そのあらすじをご紹介します。

2020年、中2の夏休みの始まりに、幼馴染の成瀬がまた変なことを言い出した。
コロナ禍に閉店を控える西武大津店に毎日通い、中継に映るというのだが……。
M-1に挑戦したかと思えば、自身の髪で長期実験に取り組み、市民憲章は暗記して全うする。
今日も全力で我が道を突き進む成瀬あかりから、きっと誰もが目を離せない。

引用元:Amazonより抜粋

物語は、2020年の中学2年生の夏休みから始まります。

成瀬あかりは、地元の唯一のデパートである西武大津店が閉店することを知り、夏休みの間毎日このデパートに通い続けることを決意します。

彼女の目的は、地元テレビ局の生中継に毎日映り込むこと。この突飛なアイデアに親友の島崎みゆきも巻き込まれ、2人の奇妙な夏が始まる。。。

ネタバレとなってしまうため、ここまでとしますが、成瀬あかりという個性豊かなキャラクターを中心に展開される、笑いあり涙ありの青春物語です。

彼女の行動力と優しさが織りなす物語は、読者に大きな感動を与えます。

どっちが先?「成瀬は天下を取りに行く」の続編

「成瀬は天下を取りに行く」の続編は、2024年1月24日発売された「成瀬は信じた道をいく」という単行本作品です。

created by Rinker
¥1,760 (2024/07/18 08:34:46時点 楽天市場調べ-詳細)

前作で描かれた、成瀬あかりの物語のその後の活躍を描く本作のあらすじは、以下のとおりです。

成瀬の人生は、今日も誰かと交差する。「ゼゼカラ」ファンの小学生、娘の受験を見守る父、近所のクレーマー主婦、観光大使になるべく育った女子大生……。個性豊かな面々が新たに成瀬あかり史に名を刻む中、幼馴染の島崎が故郷へ帰ると、成瀬が書置きを残して失踪しており……!? 読み応え、ますますパワーアップの全5篇!

引用元:Amazonより抜粋

新たな登場人物や成瀬の新たな挑戦など、物語はますます深みを増します。

どこで読むのがおすすめ?

「成瀬は天下を取りに行く」は、書店やAmazon、楽天ブックスなどで購入が可能です。

created by Rinker
¥1,705 (2024/07/18 08:34:47時点 楽天市場調べ-詳細)

もし、「成瀬は天下を取りに行く」をお得に読みたい場合は、DMMブックスの電子書籍がおすすめです。

なぜなら、DMMブックスでは、初回購入者限定で90%OFF(上限金額2,000円)のクーポンを使えるからです。

もし、このクーポンを使って2,000円の電子書籍を購入する場合、なんと200円で購入することができるのです。

クーポンはいつ終了するかわからないので、今のうちに会員登録とクーポンを取得しておきましょう。

>>DMM ブックス 「成瀬は天下を取りにいく」」

面白くないかは読んで決めよう|成瀬は天下を取りに行くのギモンを深堀り

  • 読者の心に響く成瀬の名言
  • 成瀬の性格を深堀り
  • 「成瀬は天下を取りに行く」のドラマ化はあるの?
  • イラストレーターは誰?
  • 著者は誰?宮島未奈さんのプロフィール
  • 本の値段
  • 文庫本はいつ発売する?

読者の心に響く成瀬の名言

「成瀬は天下を取りに行く」では、読者の心に響く名言といえる言葉がいくつも登場します。主人公の「成瀬あかり」の個性を象徴し、物語の中で重要な役割を果たしています。

ここでは、その中からいくつかの名言をピックアップし、魅力を掘り下げてみます。

この夏を西武に捧げようと思う

成瀬あかりが親友の島崎みゆきに言った言葉。

この夏を西武に捧げようと思う

これは、成瀬が地元の西武大津店が閉店することを知り、夏休み中に毎日その店に通い、生中継に映り込むことを決めたときの発言です。

この一言から、彼女の行動力とユニークな発想がよくわかります。

夏でよかった。暗くて寒かったら、今頃もっと寂しいから

続いても、成瀬が島崎に語った言葉です。

夏でよかった。暗くて寒かったら、今頃もっと寂しいから

この言葉は、成瀬の優しい心を象徴しています。彼女は、暗くて寒い時期であれば、閉店の寂しさがさらに増していたと考え、夏でよかったと慰めています。

成瀬の言葉には、前向きな姿勢と相手への思いやりが感じられます。

やってみないとわからないことはたくさんあるからな

成瀬が自身の失敗に対して述べた言葉も心に残ります。

やってみないとわからないことはたくさんあるからな

この言葉には、成瀬のチャレンジ精神とポジティブな考え方が伝わってきます。失敗を恐れず、挑戦し続ける彼女の姿勢は多くの読者に勇気を与えます。

島崎が付いてきてくれただけでいいんだ

最後に成瀬が島崎に感謝を伝えた言葉も印象的です。

M-1グランプリの本番で島崎がユニフォームを忘れたときに成瀬が言った言葉です。

島崎が付いてきてくれただけでいいんだ

彼女の寛容さと友情への深い感謝が感じられます。

成瀬の名言は、彼女の行動力や思いやり、クリエイティブな才能が表現されていて、物語の魅力をさらに高めています。

成瀬の性格を深堀り

「成瀬は天下を取りに行く」の主人公、成瀬あかりは個性的で魅力的なキャラクターです。彼女の性格は作品の魅力のひとつであり、多くの読者に強いインパクトを与えます。

ここでは、成瀬の性格について深堀りしていきます。

大胆な行動力

成瀬の一番の特徴と言えば、その大胆な行動力ではないでしょうか。彼女は思いついたことをすぐに実行に移します。

例えば、地元の西武大津店が閉店することを知ると、毎日デパートに通い続け、生中継に映り込むという大胆な計画を立てます。

また、M-1グランプリに挑戦するために漫才コンビ「ゼゼカラ」を結成するなど、彼女の行動力は常に予測不能です。

前向きでポジティブな性格

成瀬は、非常に前向きでポジティブな性格です。

彼女は失敗を恐れず、常に挑戦し続けます。前向きな考え方は読者に勇気を与え、成瀬の行動を応援したくなる要素となっています。

自分の信念を貫く強さ

成瀬は他人の目を気にせず、自分の信念を貫く強さを持っています。

彼女は周囲の意見に左右されることなく、自分のやりたいことを貫き通します。

例えば、高校入学時に坊主頭で登校するというエピソードも、彼女の信念の強さを象徴しています。自己肯定感の強さが、成瀬の魅力の一つです。

優しい心をもっている

成瀬は、非常に優しい心の持ち主でもあります。

彼女は親友の島崎みゆきに対して常に思いやりを持ち、彼女の気持ちを尊重します。

成瀬の行動の裏には、周囲の人々への深い愛情が隠されており、その優しさが物語を通じて描かれています。

独創的でクリエイティブ

成瀬は、非常に独創的でクリエイティブな性格でもあります。

彼女の発想は常に斬新で、他の人が思いつかないようなアイデアを次々と生み出します。

例えば、漫才コンビ「ゼゼカラ」の名前を即興で決めたり、カルタ大会での活躍など、その創造力は物語の中で大きな役割を果たしています。

「成瀬は天下を取りに行く」のドラマ化はあるの?

この記事を執筆している時点では、「成瀬は天下を取りに行く」のドラマ化が決まったという情報はありません。

しかし、原作は本屋大賞を受賞し、多くの読者から高い評価を受けています。大ヒットしていることから、ドラマ化の可能性は十分にあるのではないでしょうか。

仮に映像化された場合は、多くの視聴者を惹きつける力を持っていると思われます。

とくに、成瀬あかりのキャラクターは、映像化することでさらに魅力が引き立ちます。

彼女の大胆な行動やユーモラスなやり取りは、実際に映像として見ると、より一層楽しめるでしょう。

成瀬と島崎みゆきの掛け合いや、滋賀県大津市の風景などが映像で再現されると、原作ファンも新たな発見ができるはずです。

「成瀬は天下を取りに行く」のドラマ化は十分に期待できます。原作の人気やキャラクターの魅力を考えると、映像化された際にも多くのファンを惹きつける作品となることが予想されます。今後の展開に注目していきましょう。

イラストレーターは誰?

「成瀬は天下を取りに行く」の魅力を引き立てているのが、表紙を飾るイラストです。

このイラストを担当しているのは、イラストレーターのざしきわらしさんです。

ざしきわらしさんは、独特の世界観と繊細な描写で知られるイラストレーターで、色彩豊かでありながらもどこか懐かしさを感じさせるタッチが特徴です。

成瀬あかりのキャラクターを見事に表現していて、彼女の個性やエネルギーが絵を通して伝わってきます。

ざしきわらしさんはX(旧Twitter)やPixivなどのSNSでも作品を公開しています。

また、彼の作品集「ざしきわらしイラスト作品集 DANDELION」も好評であり、イラストファンには必見の一冊です。

created by Rinker
¥3,300 (2024/07/18 08:34:47時点 楽天市場調べ-詳細)

著者は誰?宮島未奈さんのプロフィール

「成瀬は天下を取りに行く」の著者は、宮島未奈さんという方です。

宮島未奈さんは、1983年に静岡県富士市で生まれ、現在は滋賀県大津市に在住しています。京都大学文学部を卒業した後、彼女は作家としてのキャリアをスタートさせました。

地元の滋賀県大津市を舞台にした作品を書くことが多く、地域の風景や文化を鮮やかに描写することで知られています。

2023年3月に刊行された「成瀬は天下を取りに行く」は、彼女のデビュー作として大きな話題を呼びました。

この作品は発売半年で10万部を突破し、書籍と電子書籍を合わせて多くの読者に読まれています。また、本作は

  • 第11回「静岡書店大賞」小説部門大賞
  • 第39回「坪田譲治文学賞」
  • 第21回「本屋大賞」

など、15冠を獲得するなど、多くの文学賞を受賞しています。

宮島さんの作品は、その独特なキャラクター描写と地域密着型のストーリーテリングが特徴です。

彼女の作品は、読みやすさと奥深さが絶妙に融合しており、幅広い読者層に支持されています。

本の値段

成瀬は天下を取りにいく((宮島未奈/著))の値段は、1,705円(税込)です。

created by Rinker
¥1,705 (2024/07/18 08:34:47時点 楽天市場調べ-詳細)

書籍版と電子書籍版があります。電子書籍版はペーパー版よりも割安な場合が多いです。

成瀬は信じた道をいく(宮島未奈/著)の値段は、1,760円(税込)です。

created by Rinker
¥1,760 (2024/07/18 08:34:46時点 楽天市場調べ-詳細)

書籍版と電子書籍版があります。電子書籍版はペーパー版よりも割安な場合が多いです。

文庫本はいつ発売する?

なかには、「成瀬は天下を取りに行く」の文庫本発売を待ち望んでいる方もいるかもしれません。

記事執筆時点では文庫本の発売時期は未確定ですが、一般的に単行本が発売されてから文庫本が出るまでには、早いもので1年半程度、長いと3年以上かかる場合もあります。

「成瀬は天下を取りに行く」の単行本は、2023年3月17日に発売されました。

そのため、文庫本の発売時期は早くても2024年後半以降、遅い場合は2026年頃になるのではないでしょうか。

文庫本は単行本に比べて価格が安く、文庫化に際しては新たな解説やあとがきが追加されることもあり、既に単行本を読んだ方でも新たな発見があるかもしれません。

発売は出版社のスケジュールや市場の需要に左右されるため、最新情報は出版社の公式サイトやSNSなどで確認するのが確実です。

>>DMM ブックス 「成瀬は天下を取りにいく」」

記事のまとめ:成瀬は天下を取りに行くは面白くない?評判と人気の秘密を徹底調査

編集部
編集部

最後に今回の記事をまとめます!

  • 「成瀬は天下を取りに行く」はシリーズ累計55万部を売り上げる人気作品
  • 主人公成瀬あかりのキャラクターに共感できない人がいる
  • 物語の展開が予測できず散漫に感じる人もいる
  • ローカルな設定が感情移入しにくいと感じる読者もいる
  • 過度な宣伝やメディア露出が逆効果になることもある
  • 主人公成瀬あかりの行動力や独特の発想が人気の理由
  • 舞台の滋賀県大津市のローカルな雰囲気が魅力
  • ユーモアあふれるシーンが読者を引きつける
  • 成瀬の言葉や行動に込められたメッセージが読者を魅了する
  • 読者のレビューには賛否両論がある
  • 成瀬と島崎みゆきの友情が物語の大きな魅力
  • 「成瀬は天下を取りに行く」の続編は「成瀬は信じた道をいく」
  • 続編では新たな登場人物と成瀬の新たな挑戦が描かれる
  • DMMブックスでは初回購入者限定で90%OFFクーポンが使える
  • 著者は宮島未奈で、彼女の作品は地域密着型のストーリーテリングが特徴
タイトルとURLをコピーしました