PR

女性はジムと宅トレどっちがいい?ライフスタイルに合わせた選び方

女性はジムと宅トレどっちがいい?ライフスタイルに合わせた選び方 暮らし
この記事は広告(アフィリエイト・Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

トレーニングやダイエットがしたいけど、

ジムと宅トレ
どっちが良いんだろう…

と悩む女性は多いのではないでしょうか。

それぞれにメリットやデメリットがありそうなので迷いますよね。

今回の記事では、女性はジムと宅トレどっちを選ぶべきかという疑問を解決します。

結論を言うと、それぞれ長所短所はあるので、自分のライフスタイルと相性に合わせて選ぶのがおすすめです。

一番大切なのは、無理なく続けられる環境を手に入れること。ジムと宅トレを併用するのもOKです。

編集部
編集部

ジムに行くべきか宅トレで十分か、自分にはどちらが向いているのか一緒に探ってみましょう。

  • ジムのメリット&デメリット
  • 宅トレのメリット&デメリット
  • ジムと宅トレを選ぶときのポイント
  • 女性が抱えるトレーニングの悩み
  1. 女性はジムと宅トレどっちがいい?メリットやデメリット
    1. 女性がジムに通うメリット
      1. 効率的に最短でボディメイクできる
      2. モチベーションをキープしやすい
      3. トレーナーに教えてもらえるので目標達成しやすい
    2. 女性がジムに通うデメリット
      1. 入会金や月会費などお金がかかる
      2. 他人の目が気になってトレーニングに集中できない
      3. ジムまでの移動に時間がかかってめんどくさい
      4. 混雑時はトレーニングに制限があることも
    3. 女性が宅トレをするメリット
      1. ジム代や移動費用がかからずコスパが良い
      2. 好きな時間に自由にトレーニングできる
      3. プライベートな空間で他人の目を気にする必要がない
    4. 女性が宅トレをするデメリット
      1. 限られたトレーニングになってしまう
      2. モチベーションの維持が難しい
      3. 自己流のトレーニングには限界がある
    5. ジムに向いている女性とは
    6. 宅トレに向いている女性とは
    7. 相性とライフスタイルに合わせて決めることが大切
  2. ジムと宅トレはどっちか迷う女性の悩みを解決
    1. ジムと家トレは併用したほうがいい?
    2. ダイエットは宅トレとジムどっちが良い?
    3. 筋トレの方法はジムと宅トレでどう違う?
    4. 筋トレに向いてない体質はあるの?
    5. 宅トレが続かないときはどうしたらいい?
    6. ジムに行く筋肉がないけど大丈夫?
    7. まとめ:女性はジムと宅トレどっちがいい?ライフスタイルに合わせた選び方

女性はジムと宅トレどっちがいい?メリットやデメリット

では、ジムと宅トレそれぞれのメリットやデメリットを見ていきましょう。

  • 女性がジムに通うメリット
  • 女性がジムに通うデメリット
  • 女性が宅トレをするメリット
  • 女性が宅トレをするデメリット
  • ジムに向いている女性とは
  • 宅トレに向いている女性とは
  • 相性とライフスタイルで決める

女性がジムに通うメリット

女性がジムに通うメリットは以下のようなものがあります。

効率的に最短でボディメイクできる

効率的なボディメイクを目指す女性にとって、ジムはまさに最適な場です。

例えば、筋力を高めるには、重量調節可能なダンベルやバーベルを使って、特定の筋肉を集中的に鍛えることが重要です。

ジムにはこれに適したトレーニングマシンが豊富にあるので、自分の体力に合わせた負荷で効率的にトレーニングを進めることができます。

また、ジムでは多様なカーディオマシンが利用できます。

カーディオマシンとは:ハートレートモニター(心拍計)で心拍数を計測しながら運動をおこなう器具の総称

引用元:CENTRAL SPORTS

ランニングマシンやエアロバイク、エリプティカルトレーナーなどを用いることで、心肺機能の向上や脂肪燃焼を目指して最短でボディメイクできます。

また、ジムによってはグループレッスンも提供されており、ヨガやピラティス、ダンスエアロビクスなど、楽しみながら全身を使ったトレーニングが行えるのも魅力です。

モチベーションをキープしやすい

ジムは、同じフィットネスの目標を持つ人たちと出会い、互いに刺激を受け合うコミュニティの場にもなります。このような環境は、モチベーションをキープしやすいメリットがあります。

例えば、グループレッスンに参加することで、同じクラスを受ける他の参加者と自然に交流が生まれます。

エアロビクスやズンバ、ヨガクラスなどでは、楽しい雰囲気の中でお互いを励まし合いながら、新しい友だちができるかもしれません。

孤独にトレーニングをするよりも、断然モチベーションを維持しやすくなります。

トレーナーに教えてもらえるので目標達成しやすい

ジムトレーニングは、トレーナーの個別指導とトレーニング知識のおかげで目標達成しやすいというメリットもあります。

パーソナルトレーナーは、各個人の体力レベル、健康状態、フィットネス目標に応じてカスタマイズされたトレーニングプランを作成します。

  • 適切な運動フォーム
  • 効果的なトレーニング
  • 栄養やライフスタイル

などをアドバイスしてくれるので、トレーニング効率が高まり、怪我のリスクを最小限に抑えながら安全に目標を達成しやすくなります。

また、最新のフィットネス機器やプログラムが用意されていることが多く、トレーナーが行うワークショップやセミナーを通じて、最新の運動科学や栄養学に触れるチャンスもあります。

女性がジムに通うデメリット

一方、女性がジムに通うデメリットは以下のようなものがあります。

入会金や月会費などお金がかかる

ジムに通うデメリットのひとつは、経済的な負担です。

一般的なジムは、入会金が必要で月会費もかかります。こうした費用はジムによって異なり、施設の充実度や提供されるサービスによってはかなり高額になることもあります。

例えば、都市部の高級ジムや、パーソナルトレーニングを提供する専門施設では、月数万円〜数十万円の費用がかかることも珍しくありません。

1ヶ月あたりのジム料金の相場は以下のとおりです。

会員制のジム 6,000〜15,000円
24時間ジム 3,000〜10,000円
パーソナルジム 10〜15万円

参考データ:VERUSより抜粋

さらに、ジム通いにはトレーニングウェアやスポーツシューズなどの初期投資が必要です。

また、自宅や職場から遠方にあるジムを選ぶと、毎回交通費もかかることになります。

他人の目が気になってトレーニングに集中できない

多くの女性がジムで直面するデメリットのひとつは、他人の目(視線)です。

大半のジムはオープンな環境で多くの人たちが同じ空間で運動をしているため、どうしても他人の目が気になります。

特に自己意識が強い方や、体型にコンプレックスを持っている方にとっては、それがかなりのストレスになることがあります。

見た目に自信がないから
他人の視線がつらい

トレーニングが未熟で
恥ずかしい。。。

などの理由でトレーニングに集中できない人もいます。

また、ジムでの競争的な雰囲気や他の利用者との比較が自己評価に影響を及ぼすこともあり、最終的にはトレーニングを諦めてしまうことにもつながりかねません。

ジムまでの移動に時間がかかってめんどくさい

ジムに通うもう一つのデメリットは、ジムまでの移動にかかる時間と労力です。

多くの女性は、仕事や家庭など忙しい日々を送っているため、自宅や職場からジムが遠い場合、移動にかかる時間は大きな負担になります。

例えば、通勤や買い物の途中に利用できるジムを選べば時間の節約になりますが、そうでない場合は一日のスケジュールに大きな影響を与えることになります。

さらに、天候の悪い日や冬の寒い時期などは外出自体が億劫になることもジムに通うモチベーションを下げる要因となります。

混雑時はトレーニングに制限があることも

ジムが混雑する時間帯は、トレーニングマシンの利用待ちや使用制限がある場合もあります。

特に仕事帰りの夕方や週末の朝などには、多くの利用者が一斉にトレーニングを行うため、人気のあるマシンや特定のエクササイズは混雑します。

その結果、せっかくジムに行っても計画通りにエクササイズが行えない場合があります。

例えば、やりたかったウエイトマシンやランニングマシンが混み合っていると、思うようにトレーニングが進まなかったり待ち時間が生じたりします。

このような状況は、特に時間がない女性にとって、ストレスになったりトレーニング効率を低下させてしまいます。

女性が宅トレをするメリット

では、女性が自宅でトレーニングをするメリットをチェックしていきましょう。

ジム代や移動費用がかからずコスパが良い

宅トレを行うメリットの一つは、ジムに通う費用を節約できてコスパが良いところです。

お話ししたようにジムに通う場合は、入会金や月額費用、移動にかかる交通費など、定期的にお金がかかります。

しかし、宅トレはこれらの費用がかかりません。特に自重エクササイズや最小限の器具を使ったトレーニングでは、低コストで始めることができます。

例えば、

  • プッシュアップ
  • スクワット
  • プランク

といった基本的な体重トレーニングは、特別な器具を必要とせず、自宅の限られたスペースで始められます。

また、ヨガマットやジャンプロープ、ダンベルなどの比較的安価な器具を使えば、より多彩なエクササイズを自宅で楽しむことができます。

さらに、オンラインのワークアウトプログラムやフィットネスアプリを利用することで、宅トレでも専門的な指導を受けることが可能です。

こうしたサービスは、ジムの会員費用よりもはるかにコストパフォーマンスが高いです。

好きな時間に自由にトレーニングできる

宅トレのもう一つの大きな利点は、好きな時間にトレーニングができるという時間の自由度です。これは特に仕事や家事が忙しい女性にとって大きなメリットになります。

大半のジムは営業時間があるため、自分のライフスタイルやスケジュールに合わせて運動することが難しい場合があります。

しかし、自宅でのトレーニングなら、朝早く起きた時、子供が学校に行っている間、仕事から帰ってきた後など、自分の都合の良い時間にトレーニングを行うことができます。

家事の合間に
ドラマを見ながら運動!

子供が昼寝している間に
エクササイズ!

など、ジムに出かける時間や準備の必要がないので、トレーニングを始めるまでの時間が短縮され、忙しい一日の中でも効率的に運動時間を確保できます。

プライベートな空間で他人の目を気にする必要がない

宅トレを行うもう一つの大きな利点は、プライベートな空間で他人の目を気にする必要がないことです。

特に自分の体型やトレーニング方法に自信がなかったり、他人の視線を気にする女性にとって大きなメリットになります。ジムで感じるプレッシャーやストレスを味わうことはありません。

例えば、

  • 初めてのエクササイズを試したい
  • 力をいれると声が出てしまう
  • 汗をたくさんかきたい

こんなときでも、宅トレなら何も気にせず思い切ったトレーニングが可能です。

また、服装やメイクを気にせず、好きな音楽をかけるなど自分のペースでゆっくりとトレーニングを楽しむことができるのでストレスフリーで続けられる点も魅力です。

女性が宅トレをするデメリット

では、女性が宅トレをするデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

限られたトレーニングになってしまう

宅トレの大きなデメリットは、トレーニング方法や器具に制限があることです。

ジムでは、様々なトレーニングマシンや広いスペースが利用できるため、幅広いトレーニングができます。

一方宅トレは、導入できるマシンやスペースの問題から、限られたトレーニングしかできないことが多いです。

例えば、大きな動きをするエクササイズや重量調節が可能なダンベルの使用には、十分なスペースが必要です。しかし、部屋の広さによってはそのスペースを確保するのが難しいかもしれません。

また、家族がいる場合、トレーニング環境を確保するために、家具の配置の見直しや家族の理解など、さまざまな配慮が必要です。

宅トレは自由度が高い反面、器具やスペースの制限、家庭内での調整が求められます。

モチベーションの維持が難しい

宅トレにおける最大の課題は、モチベーションの維持です。

自宅には、ジムのように他人の存在が刺激になったり、環境の変化がモチベーションを高める要素がない場合がほとんどです。

そのため、自己管理と自力でのモチベーションアップがとても重要になります。

この自己管理によるモチベーション維持は、特に

  • これまで運動習慣がなかった
  • 具体的な目標が明確ではない
  • メンタル管理に自信がない

という方にとって非常に難しい場合があります。

自分自身で運動の計画を立て、自宅トレーニングを継続する意志が必要です。

自己流のトレーニングには限界がある

宅トレのもうひとつのデメリットは、自己流トレーニングの限界です。

自宅でのトレーニングでは、専門家やトレーナーのアドバイスがないため、正しいフォームや適切なエクササイズが難しい場合が多いです。

これは、トレーニングの成果や安全面に大きく影響します。

特にトレーニング初心者やエクササイズに不慣れな方は、間違ったフォームでトレーニングを続けると

  • 怪我をするリスクが高まる
  • 運動の効果が得られにくい

などのデメリットがあります。

また、自己流のトレーニングは適切な強度やプログラムを設定するのが難しいので、長期的に見ると効率が悪く、成果が見えないのでモチベーション低下につながる可能性もあります。

ジムに向いている女性とは

では、ジムに向いているのはどんな女性なのでしょう。

まずは、本格的に体を鍛えたい女性です。

ジムには、高性能のマシンや豊富なトレーニングメニューの選択肢があり、目的に応じたトレーニングが可能です。

また、スタジオレッスンやトレーナーからの直接指導も受けられ、効率的なボディメイクを実現できるため、本格的に体を鍛えるならジムを選んだほうが良いでしょう。

近くにジムがあり金銭的に余裕がある方は、特にジムが向いています。

そして、モチベーション維持に不安がある女性もジムを活用したほうが良いかもしれません。

トレーニングを続けるには、どれだけモチベーションをキープできるかが鍵です。

ジムには、他人の目や一緒にトレーニングをする人たち、トレーナーやレッスンなど、モチベーションを保てる要素がたくさんあります。

また「利用料金を無駄にはできない」という気持ちも働くため、運動を続けることに不安がある方はジムトレが向いています。

宅トレに向いている女性とは

一方で、宅トレに向いているのはどんな女性でしょうか。

まずは、リラックスして自分のペースでトレーニングをしたい女性です。

自宅にトレーニングスペースが確保でき、自分のペースで好きなときにトレーニングをしたい方や人目を気にせず運動したいなら、自宅でトレーニングをしましょう。

忙しい女性も自宅であれば手軽にトレーニングできるため、時間の節約にもなります。

そして、自己管理の意欲があり積極的にトレーニングできる女性も宅トレに向いています。

日々の成果を記録することに喜びを感じたり、自分でトレーニング方法を学んだり新しいエクササイズにトライすることを楽しいと思えるなら、宅トレがおすすめです。

オンラインのフィットネスクラスに興味がある女性も、自宅トレーニングが良いかもしれません。

相性とライフスタイルに合わせて決めることが大切

ジムか宅トレかを選ぶときに大切なのは、以下の3つの要素です。

  1. ライフスタイル
  2. 目的
  3. 好み

例えば、本格的なボディメイクや特定のフィットネスに取り組みたいと考えている女性は、ジムの利用が適しているかもしれません。

一方で、時間やプライバシーを重視する女性には宅トレが向いています。

仕事や家事で忙しい女性は、宅トレが実践しやすいかもしれませんし、トレーニング仲間との出会いを期待したり、高度なトレーニングを求める女性はジムを選ぶべきです。

このように、自分の目標とライフスタイル、そして好みをクリアにすることで、ジムと宅トレのどちらが良い選択かがクリアになります。

そして、ジムか宅トレかを選ぶときにもうひとつ考えておきたいのは、どちらが長く続けられるかです。トレーニングで重要なのは、継続することだからです。

そのため、自分にとって最も続けやすいスタイルを見つけ、それを習慣化することが大切です。

ジムと宅トレはどっちか迷う女性の悩みを解決

ここからは、ジムと宅トレで悩む女性に多い悩みをご紹介します。解決策も見ていきましょう。

  • ジムと家トレは併用したほうがいい?
  • ダイエットは宅トレとジムどっち?
  • 筋トレに向いてない体質はあるの?
  • 宅トレが続かないときはどうする?
  • ジムに行く筋肉がないけど大丈夫?

ジムと家トレは併用したほうがいい?

ジムと宅トレの併用は、フィットネスの目標を効果的にサポートできる方法です。

例えば、忙しい平日は自宅で手軽にエクササイズを行い、週末はジムで本格的なトレーニングをするというように、自分のスケジュールや目標に応じて柔軟に両方を組み合わせるのは良い方法です。

トレーニングの種類や強度をバランス良くミックスできるため、より効果的に身体を鍛えることができます。

また、ジムと宅トレを併用することで、単調になりがちなトレーニングに変化を加え、モチベーション維持にも役立ちます。

トレーニングは、ジムか宅トレか1つに絞る必要はありません。併用は賢い選択肢です。

ダイエットは宅トレとジムどっちが良い?

ダイエットを目指す女性は、ジムと宅トレのどちらを選んだら良いのでしょうか?

これに関しても、あなたのライフスタイルや目標によって大きく変わります。

例えば、外出が難しい場合や低コストで始めたい方は宅トレが、様々な器具を使用して全面的にボディメイクをしたい方はジムが適しています。

結局、自分のライフスタイルに合っていない方法は、継続できないためダイエットもうまくいきません。

ここまでお伝えしたジムと宅トレのメリットやデメリットを参考に、自分に合った方法で楽しくダイエットに取り組みましょう。

筋トレの方法はジムと宅トレでどう違う?

ジムと宅トレでは、筋トレのアプローチ方法が違います。

ジムではトレーニングマシンを使って、特定の筋肉を集中的に鍛えたり、重量を調整して筋力を高めることが可能です。

プロのトレーナーの指導を受けることで、より効果的なトレーニング方法を学ぶこともできます。

宅トレでは、自重エクササイズ(例:腕立て伏せ、スクワット、プランクなど)が中心になります。また、小さなダンベルやエクササイズバンドを使用することで、筋肉に異なる種類の負荷をかけて効果を高めることができます。

宅トレの場合、正しいフォームを意識し、怪我を避けながらトレーニングすることが重要です。オンラインのフィットネスクラスやトレーニングアプリを利用することで、効果的なトレーニング方法を学び、自宅でのエクササイズを充実させることができます。

筋トレに向いてない体質はあるの?

「筋トレに向いていない」と感じる女性の方は、自分の体質を十分に理解していないかもしれません。

人には様々な体質があり、それに適したトレーニング方法が存在します。

例えば、痩せ型(エクトモルフ)の女性は筋肉が付きにくい傾向がありますが、適切な栄養摂取と筋量を増やすための重量トレーニングを組み合わせることで、効果的にボディメイクが可能です。

一方、筋肉が付きやすい体質(メソモルフ)の方は、バランスの取れた筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせることで、筋肉質で引き締まった体型を目指すことができます。

また、脂肪が付きやすい体質(エンドモルフ)の方は、カロリー消費を促進する有酸素運動と筋力トレーニングをバランスよく行うことで、体脂肪の減少と筋力アップを図ることが可能です。

このように、それぞれの体質に合わせたトレーニング方法を選ぶことで、より効果的かつ効率的に目的とする体型や健康状態を実現することができます。

自分の体質や最適なトレーニング方法について不安がある場合は、専門家に相談すると良いかもしれません。

宅トレが続かないときはどうしたらいい?

宅トレを続かない理由は、モチベーションの維持が難しいからです。

ジムのような刺激が期待できない環境では、自分自身で運動を続けるモチベーションを高めたり工夫をする必要があります。

宅トレを継続するためには、まず自分自身に合った目標を設定することが重要です。

例えば、一定期間内に

  • エクササイズを継続する
  • 体重を◯◯kg減らす
  • 筋力を向上させる

など、達成可能な小さな目標を設けることで、運動への取り組みが具体的になります。

また、友人や家族と一緒にトレーニングを行うことも、モチベーションを高めるのに効果的です。共に運動することで、互いに刺激し合い、運動を楽しむことができます。

さらに、オンラインのフィットネスクラスに参加することも宅トレの継続に役立ちます。

オンラインクラスでは、自宅にいながらプロのインストラクターによる指導を受けることができ、新しい運動方法を学ぶことができます。

ジムに通うよりもはるかに安い金額で刺激のある環境を整えることができます。

ジムに行く筋肉がないけど大丈夫?

ジムに行ってみたいけど「筋肉がないから気が引ける」「体型に自信がないから恥ずかしい」という女性もいるかもしれません。

初めてのジムは不安も多いですが、多くのジムでは初心者や運動経験が少ない方向けのプログラムがあります。

これにより、無理なく自分のペースで筋力をつけたりエクササイズをすることが可能です。

一般的なジムでは、経験豊富なスタッフやトレーナーが常駐しており、初心者にはとくに丁寧にアドバイスやサポートをしてくれます。

自分に合ったトレーニング器具の使い方や効果的なエクササイズを教えてくれるため、はじめてでも安心です。

不安があるなら、体験入会に参加してみたり、費用は高くなりますがパーソナルジムを検討しても良いでしょう。

また、周りの目やトレーナーの指導が気になる場合は、コンビニ感覚でトレーニングが可能なchocoZAP(ちょこざっぷ) もおすすめです。

まとめ:女性はジムと宅トレどっちがいい?ライフスタイルに合わせた選び方

このように、女性にとってジムと宅トレは、それぞれ異なる利点と欠点があります。

自分のライフスタイル、目的、好みに合わせて選んで適切なトレーニング方法を見つけましょう。無理なく続けられる運動習慣が、最終的には大きな成果をもたらします。

編集部
編集部

最後に今回の記事をまとめます。

  • ジムトレーニングは多様なマシンで効率的なボディメイクが可能。
  • ジムはモチベーションを高める環境とグループクラスを提供。
  • ジムのパーソナルトレーナーはフィットネス目標達成に効果的。
  • ジムのデメリットには費用や外見への意識、移動時間が含まれる。
  • 宅トレはジム料金や移動時間の節約。
  • スケジュールの柔軟性とプライベートなトレーニング空間を提供。
  • 宅トレの限界には限られた運動種類とスペースがある。
  • モチベーションの維持と自己流トレーニングのリスクが課題。
  • ジムは包括的なトレーニングと外部からのモチベーションを求める女性に適している。
  • 宅トレはプライバシーとコスト効率を重視する人に理想的。
タイトルとURLをコピーしました