PR

ミニマリストはやめたほうがいい?やめとけと言われる理由と真実

ミニマリストはやめたほうがいい?やめとけと言われる理由と真実 家・掃除
この記事は広告(アフィリエイト・Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

ミニマリストは、物を減らし必要最小限の物で生活を送るライフスタイルです。

一時期はもてはやされ、より良い人生を送るための考え方のひとつですが、

ミニマリストなんて
やめたほうがいい

という声もあります。「時代遅れ」「ただの貧乏」「悲惨」という意見も見受けられます。

一体なぜ、「ミニマリストはやめとけ」と言われるようになったのでしょうか。

この記事では、ミニマリストのメリットとデメリット、そして悲惨な末路に陥らないための考え方、後悔しない断捨離の仕方をまとめています。

結論から言うと、ミニマリストをやめたほうかいいかどうかは、あなた自身の生活や幸せに基づいて選ぶべきです。

自分の幸福や生活の質を向上させるために、どのようにミニマリズムを取り入れるかを考えることが大切です。

編集部
編集部

本記事が、ミニマリズムを取り巻く現状を正しく理解し、自分にとって本当に必要な生活スタイルを見つけるための手助けになれば嬉しいです。

  • ミニマリストはやめたほうがいいのか
  • 時代遅れや貧乏と思われる理由
  • ミニマリストの末路や悲惨な経験
  • ミニマリズムのメリットとデメリット
  • 正しい断捨離の方法と
    ミニマリストとの向き合い方
  1. ミニマリストはやめたほうがいいと言われる理由
    1. 時代遅れだから
    2. ただの貧乏に見えてしまうから
    3. 不潔なイメージがするから
    4. ミニマリストの末路とは
      1. 捨てすぎて必要なものがなくなる
      2. 少なさを競い合う生活になる
      3. 他人に強要して人間関係がギクシャク
      4. 最悪な末路を避けるために
    5. ミニマリストをやめた理由
      1. 必要なものまで手放してしまった
      2. 買うという行為がストレスになってしまった
      3. 人生の楽しみがなくなってしまった
      4. ちょうどいいバランスを見つけることが大切
    6. 悲惨な体験談
    7. ミニマリストはやめたほうがいいのか?
  2. 本当にミニマリストをやめたほうがいい?続けるべきかを考える
    1. ミニマリストのメリット
      1. 掃除や片付けが楽になる
      2. 本当に大切なものを見極められる
      3. お金の無駄遣いが減り「経験」を重視できる
      4. 自己成長の時間が確保できる
    2. ミニマリストのデメリット
      1. 日常生活が不便に感じることも
      2. 友人や家族との関係に影響が出ることも
      3. 「買うこと=悪」と感じてしまうことも
    3. 何でも捨てたがるのは病気なのか
    4. ミニマリストは離婚が多い?
    5. 後悔しない断捨離の仕方
      1. 目的をクリアにする
      2. 全ての物を外に出す
      3. 本当に必要かを自問自答し感謝する
      4. 残った物の居場所も考えておく
    6. ミニマリストはやめとけという意見に学ぼう
    7. まとめ:ミニマリストはやめたほうがいい?やめとけと言われる理由と真実

ミニマリストはやめたほうがいいと言われる理由

  • 時代遅れだから
  • ただの貧乏に見えてしまうから
  • 不潔なイメージがするから
  • ミニマリストの末路とは
  • ミニマリストをやめた理由
  • 悲惨な体験談
  • ミニマリストはやめたほうがいいのか?

時代遅れだから

ミニマリストという生活スタイルは、一時期世の中に大きな影響を与えました。

しかし、時間が経過するにつれ、

ミニマリストは時代遅れだ

と感じる人が増えてきました。

この変化の背景には、流行サイクルと人々の価値観の変化があります。

一部の人たちは、ミニマリストのライフスタイルが新鮮さを失い、多くの人が実践するようになったことで、その魅力が薄れたと考えています。

また、「持たないこと」が一つのステータスと見られていた時期もありましたが、現在は「持つべきものを持つ」という考え方が見直されつつあります。

その結果、「ミニマリストはやめたほうがいい」と言う人もいるのです。

ただし、ここで重要なのは、ミニマリズムという考え方自体が時代遅れになったわけではないということです。

その表現方法や人々の捉え方が変わっただけです。

本来「ミニマリズム」は、物質的な「もの」に縛られず、より本質的な価値に目を向ける生き方です。

本来のミニマリズム

1950年代後期〜60年代前半に出現し、美術、デザイン、音楽の領域で、非本質的なフォルム、特徴、概念を排して、欠くことのできない本質的なものを表現する傾向である。

引用元:美術手帖より抜粋

ミニマリズムは、時代が変わっても変わらない普遍的な価値を持っている。

ただの貧乏に見えてしまうから

ただの貧乏に見えてしまうことを理由に、ミニマリストをやめたほうがいいと言う人もいます。

ただしこれは、ミニマリストが持ち物を極力減らす生活をすることから生まれた誤解と言えます。

なぜならミニマリズムは、物質的な豊かさよりも精神的な充実を重視する生き方を指すからです。

たとえば、多くの人が、洋服や家電など、一見して生活を豊かに見せる物を多く持っています。

それに対し、ミニマリストは「本当に必要なもの」を選び抜き、それ以外は持たない選択をします。

これは貧乏というよりは、自分自身と向き合い、自分にとって何が大切なのかを見極める行為です。

実際、ミニマリストになることで、無駄な出費を減らし、質の良いものを選ぶようになるため、金銭的にも余裕が生まれることがあります。

また、持ち物が少ないことで掃除や片付けの時間が減り、趣味や自己成長に使える時間が増えるなど、精神的な豊かさを得られるメリットもあります。

たしかに、同じ服を繰り返し着ることや、生活用品を厳選することが「貧乏くさい」と見られることもありますが、それは外見上の問題であり、ミニマリズムの本質とは異なります。

彼らは自分の生活を豊かにするために、物の少なさを選び、その中で充実した生活を送っています。

「ミニマリスト=貧乏」というのは大きな誤解。ミニマリズムは物質的な豊かさよりも、心の豊かさを追求する生き方。結果として金銭的な余裕や時間の自由も得られることが多い。

不潔なイメージがするから

ミニマリストに対して「不潔」なイメージを持つ人も、ミニマリストなんてやめたほうがいいと考えます。

しかしこれも、誤解である場合が多いです。

このイメージは、ミニマリストが持ち物を極端に減らすことから、「同じ服を何日も着続ける」「洗濯をしない」などの行動を想像させるからかもしれません。

しかし、ミニマリズムは衛生面を軽視する哲学ではありません。

実際、多くのミニマリストは、持っている物を大切にし、定期的にメンテナンスを行うことで、物を長持ちさせようとします。

例えば、服の数が少ないからこそ、一つ一つを丁寧に洗濯し、適切に保管することに時間を割いています。

これは、かえって衛生的で整理された生活を送っていることを意味します。

また、ミニマリストの家や部屋は物が少ないため、掃除がしやすく、結果的に清潔な空間を保ちやすい環境です。

空間に余裕があるため、空気の流れも良く、埃が溜まりにくいという利点もあります。

ミニマリストが不潔というイメージは、実際の生活スタイルを知れば払拭される。物の数を減らし、物に対する感謝と注意を払いながら、質の高い生活を目指している。

ミニマリストの末路とは

一方で、ミニマリストの生活を追求しすぎると、悲惨な末路をむかえる場合もあります。

ミニマリズムは、多くの場合、生活をシンプルにし、心の平和を得るための手段です。

しかし、行き過ぎたミニマリズムは、予期せぬ問題を引き起こすことがあります。

捨てすぎて必要なものがなくなる

1つの末路として挙げられるのは、「捨てすぎて生活に必要なものがなくなる」ことです。

断捨離に夢中になり、最終的には日常生活に支障をきたすほど物を減らしてしまうことがあります。

例えば、冬に必要な暖かい衣類を手放し、寒さに苦しむケースなどがこれに該当します。

少なさを競い合う生活になる

また、「持ち物の少なさを競い合う」ことで、周りとの関係が悪化することもあります。

自分がミニマリストであることを誇り、他人と比較し始めると、その価値観が周囲との軋轢を生む原因になります。

このような競争心は、ミニマリズムの本質から遠ざかることにも繋がります。

他人に強要して人間関係がギクシャク

さらに、ミニマリズムを他人に強要することで、人間関係に亀裂が入ることもあります。

自分の価値観を押し付け、家族や友人にまで同じライフスタイルを求めると、反発や疎外感を生み出しやすくなります。

最悪な末路を避けるために

ミニマリズムは、物理的なものの量を減らすだけでなく、精神的な余裕を得ることが目的であるべきです。

そのためには、自分や周囲との健全なバランスを保ちながら、自分にとって本当に必要なもの、価値あるものを見極めることが大切です。

このような末路を避けるためには、ミニマリズムを

  • 他人と比較しない
  • 他人に押し付けない
  • 幸せのために行うもの

と考えることが大切です。

ミニマリストをやめた理由

なかには、ミニマリストのライフスタイルをやめた人がいるのも事実です。

ミニマリストをやめることを決断した背景には、いくつかの共通点があります。

ミニマリストをやめた理由を知ることで、ミニマリズムが自分に合っているかどうかを見極める助けになります。

必要なものまで手放してしまった

まず、「必要なものまで手放してしまった」という後悔です。

断捨離に熱中し過ぎて、後から「あの時は何を考えていたんだろう」と後悔するほど、生活に必要な物まで処分してしまうケースがあります。

例えば、料理が趣味の人がキッチン用品を減らしすぎて、料理の楽しさが半減してしまったという話もよく聞きます。

買うという行為がストレスになってしまった

次に、新しいものを買うことに対して罪悪感を感じるようになり、それがストレスに変わってしまうケースです。

ミニマリズムを極端に捉え、物を買うこと自体が悪であるかのように思い込んでしまうと、生活が窮屈に感じられるようになります。

人生の楽しみがなくなってしまった

また、楽しみがなくなるという理由もあります。

趣味のアイテムを手放し、物質的な楽しみを否定した結果、何を楽しみに生活していいのかわからなくなってしまう人もいます。

生活に彩りを与えるものがなくなり、毎日が単調に感じられるようになります。

ちょうどいいバランスを見つけることが大切

ミニマリズムは、物を減らすことで精神的な豊かさを得ることが目的ですが、行き過ぎると生活の質自体を下げてしまう可能性があるのです。

ミニマリズムを実践する上で大切なのは、自分にとって何が必要か、何を大切にしたいかを常に考えること。そして、自分にとっての「ちょうどいい」バランスを見つけることが、後悔しないための鍵となります。

悲惨な体験談

ミニマリストを目指す過程で、思わぬ「悲惨な体験」に直面する人もいます。

これらの体験は、ミニマリズムが行き過ぎたり誤解した結果、生じることが多いです。

例えば、Aさんは、ミニマリストに憧れて、家にあるものをすべて手放してしまいました。生活に必要なものまで、断捨離してしまったのです。

炊飯器や電子レンジなどのキッチン家電を処分したために、食事の準備が非常に不便になりました。

また、衣類や寝具も極限まで減らしたために、冬は寒い思いをして毎日を過ごすことになりました。

その結果、コンビニ弁当やカップラーメンばかりの毎日になり、健康を害する事態に至りました。

また、寒いために暖房代も上がり、結局冬服や布団を買い直すことになりました。

さらに、趣味や思い出のアイテムを断捨離した後に、強い後悔が襲ってきました。

ミニマリズムの「物よりも体験が大切」という考え方を取り入れたものの、結局は本当に大好きなものや思い出のアイテムは、自分の「幸福」と大きく結びついていることに気づくのでした。

こうした悲惨な体験談から学ぶべきことは、ミニマリズムが必ずしも全ての人に合うわけではないということです。

また、物を減らすこと自体が目的になってしまうのも間違いです。

ミニマリズムを取り入れる際には、自分にとって本当に必要なもの、幸せにつながるものは何かを常に考える必要があります。

他人のミニマリズムのスタイルを無理に真似するのではなく、自分に合った形を見つけることが重要。ミニマリズムは、人生を豊かにするための一つの手段であることを忘れてはいけない。

ミニマリストはやめたほうがいいのか?

では、結局のところ、ミニマリストはやめたほうがいいのでしょうか?

それは、あなた自身の生活や幸せに基づいて選ぶべきです。

ミニマリストになることには、たくさんのメリットがあります。ただ、それが本当に自分に合っているかどうかは、実践してみないとわかりません。

ミニマリストとして生活することで、確かに部屋はスッキリし、物の少ない生活が心の平穏につながることもあります。

しかし一方で、物を減らしすぎて生活に必要なものまで手放してしまうと、不便を感じることもあるでしょう。

例えば、あなたは料理が大好きなのに、キッチン用品を極限まで減らしてしまったら、作りたい料理が作れなくなってしまいます。

また、大好きな趣味のグッズやアイテムを全て断捨離してしまったら、日々の生活に「楽しさ」や「癒やし」がなくなる可能性もあります。

それでは、ミニマリストが自分にとってプラスとは言えません。

だからこそ、ミニマリストをやめるかどうかは、一概には言えないのです。

大切なのは、自分自身の生活や価値観に合った形を見つけること。もしミニマリズムがストレスになっているなら、少し方針を変えてみるのも一つの方法です。

反対に、ミニマリストの生活が心地よく感じられるのであれば、そのスタイルを続けていけば良いのです。

ミニマリストをやめるかどうかは、あなた自身の生活や幸せに基づいて選ぶべき。自分にとって本当に大切なものは何かを模索することが豊かな生活への第一歩。

本当にミニマリストをやめたほうがいい?続けるべきかを考える

  • ミニマリストのメリット
  • ミニマリストのデメリット
  • 何でも捨てたがるのは病気なのか
  • ミニマリストは離婚が多い?
  • 後悔しない断捨離の仕方
  • ミニマリストはやめとけという意見に学ぼう

ミニマリストのメリット

ミニマリストの生活スタイルには様々なメリットがあります。

単に物を減らす以上の深い意味があり、精神的な満足感や生活の質の向上に結びついています。

掃除や片付けが楽になる

まず、物が少ないことで生じる最大のメリットは、日々の掃除や片付けが格段に簡単になることです。

物が少なければ、自然と部屋は整理され、清潔な空間を保ちやすくなります。これは、心の余裕にも直結します。

部屋が散らかっていなければ、心もすっきりとし、ストレスレベルが下がることが科学的にも証明されています。

「散らかった環境は、満たされているという感覚や幸福感、自分の個人的な空間にいることから得られる安全・安心感を低下させる可能性」を示していると、この論文の著者の一人で、米ニューメキシコ大学アルバカーキ校アンダーソン経営学大学院教授のキャサリン・ロスター氏は言う。

引用データ:日経ビジネスより抜粋

本当に大切なものを見極められる

ミニマリズムは、物への依存を減らし、本当に大切なものを見極めることができます。

これにより、物への執着から解放され、より意味のある行動や人間関係に時間とエネルギーを注げるようになります。

結果的に、人生の充実感や幸福感が高まると言われています。

お金の無駄遣いが減り「経験」を重視できる

また、ミニマリストの生活は経済的なメリットももたらします。

不必要な消費を控えることで、お金を無駄遣いすることが減り、貯金や投資、あるいは体験型の消費にシフトすることが可能になります。

経済的に安定するだけでなく、「物」よりも「経験」を重視する生き方ができます。

自己成長の時間が確保できる

ミニマリズムは、自己成長のための時間を確保する助けにもなります。

物を減らすことで生まれる余裕は、趣味や習い事、自己啓発の時間として有効活用できます。

自分自身と向き合い、成長する機会を増やすことができるのです。

ミニマリストのデメリット

ミニマリストのライフスタイルには多くのメリットがある一方で、デメリットも存在します。これらを理解しておくことは、ミニマリズムを実践する上でとても重要です。

日常生活が不便に感じることも

ミニマリズムを極端に追求することで、日常生活に不便を感じることがあります。

生活をシンプルにするために必要なものまで処分してしまうと、後から「あれがあれば…」という状況に直面することがあります。

また、アクセサリーなどの小物類や衣服、趣味の道具を手放してしまった結果、オシャレや好きなことが楽しめなくなる可能性があります。

友人や家族との関係に影響が出ることも

ミニマリストになることで、友人や家族との関係に影響が出ることもあるでしょう。

自分が持ち物を極限まで減らしたいという価値観を、他人にも求めてしまうことで、衝突がうまれる可能性があります。

特に、一緒に生活している家族に同じライフスタイルを強要すると、関係がギクシャクする原因になります。

「買うこと=悪」と感じてしまうことも

先にもお話しましたが、ミニマリズムを誤解して、新しいものを買うこと自体を悪と感じてしまうこともあります。

これは、物を買う喜びや、新しいものを手に入れる楽しみを奪うことにもつながりかねません。

ミニマリズムは消費を否定するのではなく、きちんと意識した消費を促すものです。

そのバランスを見失うと、ストレスに感じることもあるでしょう。

何でも捨てたがるのは病気なのか

何でも捨てたくなってしまう心理は、単にミニマリストを極めるというよりは、精神的な問題が関係している可能性があります。

例えば、「断捨離依存症」という状態になると、物を捨てることに強い衝動を感じ、それによって一時的な満足感や解放感を得ます。

そして、それが生活に支障をきたしてしまうのです。

断捨離依存症は、「プロセス的依存」に分類されることがあります。これは、ギャンブルや買い物依存症など、特定の行動に対する過度の没頭や依存を指します。

断捨離依存症になってしまうと、自分の持ち物だけでなく、家族の物にまで手を出してしまい、関係に亀裂が入ることも少なくありません。

このような状態になる背景には、物を捨てることで得られる、強い快感や達成感があります。

また、モノを捨てることによって、自分の人生や環境をコントールできると感じることで、不安やストレスから一時的に逃れようとする心理も働いています。

ただし、これを「病気」と一概には断言できません。もし、物を捨てることに強迫的な衝動を感じたり、それが日常生活に大きな影響を及ぼしている場合は、専門家の助けを求めることが大切です。

ミニマリズムは生活を豊かにするための一つの選択肢であって、生活や人間関係に悪影響を及ぼしている場合は注意が必要。

ミニマリストは離婚が多い?

ミニマリストのライフスタイルは、離婚につながることが多いという噂があります。

実際のミニマリスト離婚率はデータがありませんが、ミニマリズム自体が離婚の直接的な原因になるわけではありません。

その背景には、価値観の不一致やコミュニケーション不足など、より深い問題が隠れていることがほとんどです。

1つの例としては、夫婦の片方が断捨離を進める中で、もう一方のパートナーが大切にしている物を無断で処分してしまうケースです。

これは、相手の価値観や感情を尊重せず、自分の理想を押し付ける行為です。

結果として、信頼関係が傷つき、相手への不満が積もり、夫婦間の溝が深まることにつながります。

また、一方が断捨離にのめり込むあまり、生活スタイルやお金を使うバランスが極端になってしまうことも、問題を引き起こす原因の一つです。

生活に必要なものまで手放したり、まったく買い物ができないことで、日常生活の不便さやストレスが増し、それが原因で夫婦間の仲が悪くなってしまいます。

いずれにしても、夫婦間で価値観が共有できていなかったり、お互いの理想の生活を理解していないために起こってしまう問題です。

双方が心地よく感じられるバランスを見つけることが、良い夫婦関係を保つ鍵になる。

後悔しない断捨離の仕方

断捨離を行う上で、後悔を避けるためにはいくつかのポイントがあります。

断捨離は、単に不要な物を手放す以上に、自分にとって本当に価値のあるものは何かを見極める過程でもあります。

次のステップに沿って、ミニマリストを目指すことをおすすめします。

目的をクリアにする

まず、断捨離を始める前に、目的を明確にしましょう。何のために断捨離をするのか、その目的をはっきりさせることで、断捨離する物を選ぶ基準が明確になります。

たとえば、「部屋を広く使いたい」「掃除を楽にしたい」など、目的は人それぞれです。

全ての物を外に出す

次に、全てを一度に出してみることです。衣服であれば、クローゼットの中身を全て出し、一つひとつ手に取って見ることが大切です。

実際にどれだけの物を持っているのか、何が不要なのかを把握することができます。

本当に必要かを自問自答し感謝する

物を選別する際には、「これは本当に必要か?」と自問自答しながら進めることが大切です。

愛着があるけれども実際には使用していない物、将来使うかもしれないと思っているけれども実際にはずっと使っていない物など、冷静に判断する必要があります。

また、捨てる際には、感謝の気持ちを持つことも大切です。

物に感謝をして手放すことで、精神的な負担を少なくし、ポジティブな気持ちで断捨離を進めることができます。

残った物の居場所も考えておく

最後に、手放した後の収納方法も考えておきましょう。

不要な物を減らした後は、残った物をどう整理し、どこにどのように収納するかを決めることが非常に大切です。

そうすることで、よりスッキリとした生活空間を維持することができます。

後悔しない断捨離を行うためには、物と向き合い、自分の生活や価値観に合った選択をすることが鍵。

ミニマリストはやめとけという意見に学ぼう

先にお話ししたように、ミニマリストをやめるかどうかは、あなた自身の生活や幸せに基づいて選ぶべきです。

しかし、

ミニマリストなんて
やめとけば?

という意見から学べることもあります。

それは、ミニマリズムのライフスタイルがすべての人に適しているわけではないということ。そして、極端なミニマリズム(過度に物を減らすことに集中してしまうなど)は、生活の質を下げる場合もあるということです。

ミニマリズムを実践する際に、自分自身の価値観とライフスタイルに合わせて柔軟にアプローチすることが大切です。

例えば、趣味や仕事で必要な物を無理に手放すと、生活を豊かにするどころか、ストレスの原因になりかねません。

また、家族や友人との価値観の違いを尊重せず、ミニマリストとしての基準を押し付けることは、人間関係を壊してしまうかもしれません。

ミニマリズムは、幸せに生きるための「一つの手段」で、「目的」ではありません。

そのため、自分の幸福や生活の質を向上させるために、どのようにミニマリズムを取り入れるかを考えることが大切です。

物を減らすことに焦点を当てるのではなく、自分自身との関係、周りの人々との関係、そして物との関係をバランス良く築いていくことが、より豊かな生活につながる。

まとめ:ミニマリストはやめたほうがいい?やめとけと言われる理由と真実

編集部
編集部

最後にこの記事のまとめです!

  • ミニマリストは時代遅れと感じる人が増えている
  • 流行の変化と価値観の変化が背景にある
  • 「持たないこと」のステータス観が変わりつつある
  • ミニマリズム自体の普遍的価値は変わらない
  • ミニマリストが貧乏に見えることが誤解の一因
  • 物質的豊かさより精神的充実を重視する生き方
  • ミニマリストの生活で金銭的余裕が生まれることも
  • 不潔なイメージは誤解であることが多い
  • 物を大切にし、清潔な生活を心掛けるミニマリストも多い
  • 極端なミニマリズムは悲惨な末路につながる可能性がある
  • 必要なものまで手放して後悔するケースがある
  • 新しいものを買うことへの罪悪感がストレスになる
  • 楽しみがなくなると感じる人もいる
  • 自分に合ったミニマリズムの形を見つけることが重要
  • ミニマリストをやめた人から学べる教訓がある
タイトルとURLをコピーしました