PR

【猫を飼うんじゃなかった】と感じる瞬間と後悔しないためのポイント

【猫を飼うんじゃなかった】と感じる瞬間と後悔しないためのポイント 暮らし
この記事は広告(アフィリエイト・Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

猫を飼うんじゃなかった…

もしくは、

これから猫を飼うけど
後悔しないか不安…

と悩んでいませんか?

猫の飼育は、思いのほか大変な面も多いため、猫との生活に疲れたり、時にはノイローゼになりそうなほどしんどいと感じる人もいます。

この記事では、猫を飼うんじゃなかったと感じる瞬間と後悔しないポイントをまとめました。

結論から言うと、たしかに猫との生活は大変な面もあります。

ですが、猫を飼うことで得られる幸せは他では味わえないものです。

事前に後悔しそうなポイントを押さえて、きちんとした心構えで猫を迎え入れることが大切です。

他にも、猫を飼うのに向いている人や向いていない人の特徴、猫との生活のリアルな側面を掘り下げ、猫との上手な付き合い方をお伝えします。

編集部
編集部

詳しく解説していきます!

  • 猫を飼うんじゃなかった後悔ポイント
  • 猫を飼うのに向いている人の特徴
  • 猫を飼うのに向いていない人の特徴
  • 猫との暮らしによる変化や悩み
  1. 猫は飼うんじゃなかった|後悔ポイント10選
    1. 抜け毛が多い|掃除の頻度が増える
    2. 旅行や外泊がしにくい|費用がかさむ
    3. 引っ越しが難しくなる|気配りが大変
    4. 家具や柱がボロボロに|あっという間に傷だらけ
    5. 賃貸住宅の修繕費|猫による損傷
    6. 暖房代が増える|猫に快適な環境作り
    7. 寝不足や昼夜逆転になる|夜行性の影響
    8. 仕事が手につかない|可愛さの中毒
    9. ペットロス|猫との別れがつらすぎる
    10. お金がかかる|猫飼育の経済的負担
  2. 猫を飼うんじゃなかったと思わないために知っておくべきこと
    1. 猫を飼うのに向いている人の特徴
      1. おおらかで寛容な性格
      2. 規則正しいライフスタイル
      3. ペット可住宅を選べる
      4. 経済的に余裕がある
      5. お世話好き
      6. 責任感が強い
      7. 猫との暮らしを楽しめる
    2. 猫を飼ってはいけない人の特徴
      1. 自己管理が苦手
      2. 猫を育てられる環境がない
      3. 経済的に余裕がない
      4. 過度のきれい好きで潔癖症
      5. 忙しくて猫との時間がない
      6. しつけを強要してしまう
      7. 猫の性質を理解していない
      8. 最後まで面倒を見れない
    3. 疲れる・しんどいのはどんなとき?
    4. ノイローゼになってしまうのはどんなとき?
    5. 猫を飼うと家はこうなる
    6. ストレス解消と癒しの効果
    7. 猫との信頼関係とは
    8. 猫の飼うことで得られる学び
    9. まとめ:【猫を飼うんじゃなかった】と感じる瞬間と後悔しないためのポイント

猫は飼うんじゃなかった|後悔ポイント10選

では早速、「猫を飼うんじゃなかった」と後悔するポイントを見ていきましょう。

  1. 抜け毛が多い
  2. 旅行や外泊がしにくい
  3. 引っ越しが難しくなる
  4. 家具や柱がボロボロに
  5. 賃貸住宅の修繕費
  6. 暖房代が増える
  7. 寝不足や昼夜逆転になる
  8. 仕事や家事が手につかない
  9. ベットロスが辛い
  10. お金がかかる

抜け毛が多い|掃除の頻度が増える

「猫を飼うんじゃなかった」と後悔するポイントのひとつは、猫の抜け毛です。

特に体温調整のために新しい毛に生え変わる「換毛期(春と秋)には、猫の毛が家中に広がりやすくなります。

例えば、猫がリビングのソファやベッドの上、カーペットなどに一度でも寝転がれば、その場所は毛だらけ。

洋服にも毛が付きやすく、色の濃い服は毛が目立ちやすいです。

その結果、家の中はもちろん、外出時の服装にも気を配らなくてはいけません。

さらに、猫の毛は空気中に舞い上がりやすく、アレルギーの原因にもなります。

猫アレルギーの症状

猫アレルギーの症状は花粉症や軽度の風邪と似ており、目のかゆみと充血、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、喉の炎症やせきといった症状がよく見られます。

引用元:巣鴨千石皮ふ科より

もちろん、掃除をすれば良いのですが、毎日掃除機をかけたり、家具や床を拭く必要があります。

コロコロや粘着テープを使って衣類や家具の毛を取り除くのが日課になるでしょう。

猫の毛の掃除は時間と労力が必要なので、猫を飼う意外な負担となるケースが多いです。

旅行や外泊がしにくい|費用がかさむ

猫を飼うと、旅行や外泊が大変になります。旅行好きの人は、「猫を飼うんじゃなかった」と思うケースもあるようです。

基本的に猫は、1人でいるのが苦手な動物です。ストレスや孤独を抱えやすいと言われています。

1泊2日くらいならご飯と水をたくさん用意しておけば大丈夫ですが、それ以上長く家を空ける場合は話が別です。

ペットホテルを利用すると、1泊で数千円かかり、長い旅行では費用がどんどん積み重なります。

ペットホテルの相場

利用料金は1泊3,000円から5,000円と考えておきましょう。グレードや立地、時期によって変化しますが上記から大きく外れることはありません。

引用元:NPO法人ねこほーむより

ペットシッターを頼む手もありますが、安くはない費用がかかりますし、信頼できる人を探すのもなかなか大変です。

猫によっては、見知らぬ人を警戒する場合もあるので、ペットシッターに頼めないこともあります。

旅行が大好きで趣味の人にとっては、「旅行中に猫をどうするか」は悩みどころではないでしょうか。

引っ越しが難しくなる|気配りが大変

猫を飼っていると、引っ越しが難しくなります。

実は猫は、自分が住んでいる環境に敏感な動物です。

急にいつもの場所が変わると、猫は大きなストレスを感じるため、引っ越し先での慣れない環境は、非常にチャレンジングな経験です。

例えば、引っ越しの日に猫をキャリーケースに入れるだけでも一苦労かもしれません。

新しい家に着いてからも、隠れたがったり鳴き続けることがあり、猫が新居に慣れるまでは、飼い主さんが気配りをする必要があります。

猫のお気に入りのベッドやおもちゃをすぐに用意したり、いつものご飯やトイレの場所を変えないように工夫することが大切です。

また、引っ越しのときは、猫の安全を守るために窓やドアの管理にも気を配らなくてはいけません。

あまりに猫との引越しが大変すぎて「猫を飼うんじゃなかった」と後悔する人もいるようです。

家具や柱がボロボロに|あっという間に傷だらけ

猫を飼っていると、家具や柱など家の中の色々なものがボロボロになることがあります。

猫は生まれつき、爪をとぐことでストレスを解消したり、爪の健康をキープしています。

そのため、家のなかのものが猫の爪とぎのターゲットになることがあります。

例えば、新しく買ったばかりのソファや大事な家具が、あっという間に猫の爪とぎで傷だらけになることも珍しくありません。

猫のお気に入りの爪とぎ場所になると、柱や壁紙がボロボロになり、修理が必要になることもあります。

賃貸住宅に住んでいる場合は、退去時に修繕費がかかるかもしれません。

この問題に対処するには、爪とぎボードやポール、キャットタワーなど、猫が爪をとぐためのアイテムを設置するのが一般的です。

猫の爪とぎは、猫を飼う上では避けられない自然な行動ですが、ボロボロになったお気に入りの家具を見て「猫を飼うんじゃなかった」と思う人もいるようです。

賃貸住宅の修繕費|猫による損傷

賃貸住宅で猫を飼う場合、修繕費がかかる場合があります。

猫の爪とぎや粗相などによって部屋が損傷すると、修繕にかかる原状回復費用が必要になるからです。

たとえば、猫が壁や柱で爪とぎをしてしまった場合、壁紙の張り替えや柱の補修が必要になります。

また、猫の粗相によるカーペットやフローリングの損傷は、修理費用が高額になることがあります。

もちろん、入居時に預けた敷金や保証金でカバーされることが多いですが、場合によっては追加の費用が発生することもあります。

高額な修繕費を目の前にして、「猫を飼うんじゃなかった」と後悔する人もいるようです。

暖房代が増える|猫に快適な環境作り

猫を飼うと、暖房費が大幅に増えるケースが多いです。

猫は温度変化に敏感な動物で、特に寒い季節には室内環境を快適に保つことが大切です。

そのため、冬場は暖房器具(エアコンやヒーター、オイルヒーターなど)の使用が必須になり、暖房費がどんどん上がってしまいます。

猫が居る部屋では、一定の温度を維持するために暖房器具を24時間稼働させることも珍しくありません。

暖房を24時間つけっぱなしにした際の電気代は、0.63kW×24時間×31円/kWh=468.72円です。1ヶ月の電気代は、468.72円×30日=14061.6円となります。

引用元:ファイナンシャルフィールドより

特に寒い地域に住んでいる場合は、かなりの電気代・ガス代アップになってしまいます。

あまりに暖房代がかかるため、「猫を飼うんじゃなかった」と頭をかかえる人もいるようです。

寝不足や昼夜逆転になる|夜行性の影響

猫を飼っていると、猫の夜行性が原因で寝不足になることがあります。

基本的に猫は、夜に活発になる生き物です。

夜中に遊んだり、家の中を走り回ったりすることが多いため、飼い主さんが寝不足になったり昼夜逆転してしまうケースがあります。

これを解決するには、猫の運動エネルギーを発散させるために、夕方〜夜の間にしっかりと遊んであげることが大切です。

また、猫が夜行性にならないためには、食事時間を調整するのも効果的です。

夜の早い時間帯に食事を済ませて、その後は静かに過ごさせるようにすると、猫も飼い主も快適に過ごせます。

しかし、こうした調整がうまくいかず、自分が睡眠不足になり「猫を飼うんじゃなかった」と悩む飼い主さんもいるようです。

仕事が手につかない|可愛さの中毒

猫を飼うと、その可愛さにどっぷりハマってしまうことがあります。

特に、猫を新しく家族に迎えたばかりの人は、猫との生活に夢中になるケースが多いです。

たとえば、家で仕事をしている時に、猫がキーボードの上に乗ってきたり、可愛い仕草を見せたりすると、ついつい仕事の手を止めてしまいます。

猫が寝ている姿を見ると、そのままずっと見ていたくなったり、家事をしようと思っても、猫がじゃれてくると遊んであげたくなります。

仕事や家事が手につかず、「猫なんて飼うんじゃなかった」と悩む飼い主さんは多いはずです。

ペットロス|猫との別れがつらすぎる

猫を飼うと喜びがある反面、ペットロスの苦しみがあります。

愛する猫との別れは、飼い主さんにとって非常に辛い経験で、時に深刻な影響を及ぼすことがあります。

猫と長年一緒に暮らすと、猫はただのペットではなく家族の一員になります。

そのため、猫が亡くなると、日常生活に支障をきたすほどの深い悲しみや喪失感を感じる人も少なくありません。いわゆるペットロスです。

たとえば、猫がいた場所を見るだけで涙があふれる、猫のいない静かな家に耐えられない、猫の食器やおもちゃを片付けるのが辛いという人もいます。

ペットロスがつらすぎて「猫を飼うんじゃなかった」と言う人もいます。

お金がかかる|猫飼育の経済的負担

猫を飼うと、なにかとお金がかかり経済的な負担が大きくなります。

例えば、餌や猫砂、医療費など猫の飼育にかかる費用は、年間数万円から十万円以上にもなるケースが多いです。

例えば、キャットフードには、安価なものから高価なプレミアムフードまでさまざまあり、品質にこだわればこだわるほど出費は増えます。

また、定期的な健康診断やワクチン、病気や怪我の治療にかかる費用も見逃せません。

手術や入院が必要になれば、一度に数十万円の出費になることもあります。

猫の飼育にかかる費用の平均について

猫ちゃんを飼うために必要な費用は、毎日のフードや日用品だけではなく、ワクチンなどの予防費やいざというときのケガや病気の治療費などもかかります。アニコム損害保険株式会社が発表している調査によると、猫の1年間でかかる費用の平均は、160,766円。

引用元:PETLINEより

そして、猫砂やおもちゃ、キャットタワーなども買ってあげたくなったり、猫が年をとると、シニア猫専用のフードや介護用品が必要になることもあります。

あまりにお金がかかるため「猫を飼うんじゃなかった」と悩む人もいるようです。

猫を飼うんじゃなかったと思わないために知っておくべきこと

ではここからは、「猫を飼うんじゃなかった」と思わないために知っておいたほうが良いことをお伝えします。

  • 猫を飼うのに向いている人の特徴
  • 猫を飼ってはいけない人の特徴
  • 疲れる・しんどいのはどんなとき?
  • ノイローゼになるのはどんなとき?

猫を飼うのに向いている人の特徴

猫を飼うのに向いている人は、以下のような特徴があります。

あなたは向いていそうですか?ひとつずつチェックしていきましょう。

  • おおらかで寛容な性格
  • 規則正しいライフスタイル
  • ペット可住宅を選べる
  • 経済的に余裕がある
  • お世話好き
  • 責任感が強い
  • 猫との暮らしを楽しめる

おおらかで寛容な性格

猫を飼うのに向いているのは、猫の気まぐれな性格や独立心に合わせられるおおらかで寛容な人です。

多くの猫は、一瞬にして甘えん坊から一匹狼に変わることがあります。

猫との生活は、予測不可能なことが多く、その都度対応を考える必要もあるんです。

たとえば、今まで撫でさせてくれていた猫が突然撫でることを嫌がったり、急に隠れたりすることもあります。

飼い主には、このような突然の気分の変化に対応できる柔軟さが求められます。

猫との生活では、猫の自立心を尊重し、猫が自分のペースで生活できる環境を整えることが何よりも重要です。

気まぐれな猫の行動を楽しむことができる人は、猫を飼うのに向いています。

規則正しいライフスタイル

猫は、意外とルーティン好きな面もあります。

毎日同じ時間にご飯をあげたり、トイレの掃除をしたりすると、猫は安心して過ごせると言われています。

そのため、毎日決まった時間に何かをするのが得意な人、つまり規則正しいライフスタイルを送れる人は、猫を飼うのが向いています。

猫のご飯の時間やトイレ掃除をしっかり守れば、猫も「もうご飯の時間だ!」とわかり、安心して待っていられます。

また、規則正しい生活をしてると、猫の健康チェックや獣医さんに行く予定を忘れないため、猫の健康をしっかり守ることもできます。

猫は、毎日同じことが起こる安定した生活を好むため、規則正しい生活を氏ている人は猫を飼うのに向いていると言えます。

ペット可住宅を選べる

猫を飼うには、まず猫が安心して暮らせる住環境が大切です。

そのため、ペット可の住宅、特に猫に優しい設計の家に住んでいる人は、猫を飼うのに向いています。

例えば、広々としたリビングがあれば、猫はのびのびと運動できますし、高いところが好きな猫のためにキャットタワーや棚を設置するスペースも確保できます。

また、猫が爪とぎや粗相をしても大丈夫なように、床材や壁紙がペットに優しい素材であると安心です。

猫はテリトリーを大切にする動物なので、安心して過ごせる環境は猫を飼う上でとても重要です。

ペットに優しい住環境を選ぶことが出来る人は、猫を飼うのに向いています。

経済的に余裕がある

先ほどもお話ししたように、猫を飼うには思った以上にお金がかかります。

そのため、経済的に余裕がある人のほうが猫を飼うのに向いています。

まず、毎日のご飯代からトイレの砂、おもちゃ、そして病院に行くと結構なお金が飛んでいきます。

飼育費は月に数千円で収まることもあるかもしれませんが、病気のときは数万円〜数十万円かかることもあります。

経済的に余裕があれば、猫の食事や医療、日々のケアをきちんとできるので、猫も健康で幸せに過ごせます。

おいしいご飯や可愛いおもちゃを買ってあげることもできます。

そのため、経済的に余裕がある人は猫との暮らしを楽しめます。

お世話好き

猫を飼うと、ごはんやお水の用意、トイレ掃除、ブラッシングなど、毎日のお世話が必要です。

こうしたお世話が好きで楽しめる人は、猫を飼うのに向いています。

たとえば、猫がごはんを食べて喜ぶ顔を見るのが楽しい、ブラッシングの時間が猫とのコミュニケーションの時間、寝顔を見ているだけで癒やされる、こんな風に思える人は猫との生活が楽しいはずです。

猫のお世話は手間がかかりますが、トイレ掃除をしているときに、猫がそばに来て甘えてくれたり、猫の小さな変化にも気づいやすいため、お世話好きの人は猫との暮らしに向いています。

責任感が強い

猫を飼うためには、可愛がるだけではなく責任を持って面倒を見ることが大切です。

猫は平均で10年以上生きることが多いため、その間ずっと、猫の健康や幸せを考えてあげられる責任感の強い人が猫を飼うのに向いています。

たとえば、猫が病気になったときはすぐ病院に連れて行ってあげられる、高齢になったら生活環境を整えてあげられる、など、きちんと面倒を見れる人です。

責任感がある人は、猫が元気がないときにすぐに気付いてあげられたり、猫のために自分を犠牲にできる心の準備ができています。

一緒に歳を重ねていくなかでずっと猫の面倒を見る覚悟を持っている人が、猫を飼うのに向いています。

猫との暮らしを楽しめる

猫と一緒の暮らしは、毎日が発見の連続です。

小さな行動一つ一つに、癒しや驚きが詰まっていて、それを楽しむ心がある人は猫を飼うのに向いています。

例えば、猫がふと見せる仕草や表情に心を奪われたり、猫が日々成長していく様子を写真に記録したり。

猫は表情豊かで色々な反応を見せてくれるので、それを楽しめると自分も幸せな気持ちになれます。

また、猫は独立心が強く、自分のペースで行動することも多いです。

気まぐれに甘えたり、ひとりでいたいときはそっとしておくなど、猫の気持ちに寄り添えることも大切です。

そんな、猫との暮らしで起こる小さな幸せを楽しいと思える人は、猫を飼うのに向いているはずです。

猫を飼ってはいけない人の特徴

猫を飼うのに向いていない人は、以下のような特徴があります。

ひとつずつチェックしていきましょう。

  • 自己管理が苦手
  • 猫を育てられる環境がない
  • 経済的に余裕がない
  • 過度のきれい好きで潔癖症
  • 忙しくて猫との時間がない
  • しつけを強要してしまう
  • 猫の性質を理解していない
  • 最後まで面倒を見れない

自己管理が苦手

まず、自己管理が苦手な人は、猫を飼うのが難しいかもしれません。

猫を飼うと、毎日の食事やトイレ掃除、定期的な健康チェックなど、コツコツとしたお世話が必要です。

もしも、生活が不規則だったり、日々のルーティンを守るのが苦手なら、猫のお世話もその影響を受ける可能性があります。

例えば、猫のご飯の時間が不規則だと、猫の健康に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。

また、トイレの掃除を怠ると、猫がトイレを我慢してしまったり、他の場所で粗相をしてしまうことも。猫は綺麗好きな動物なので、清潔な環境を保つことが大切です。

猫を飼う前に、自分の生活習慣を見直してみるのも一つの方法です。

猫を育てられる環境がない

猫を飼うには、猫がのびのびと暮らせる場所が必要です。

そのため、猫を育てられる環境がない人は猫を飼うのに向いていない可能性があります。

例えば、走り回ったりジャンプできるスペースや安心してくつろげる場所があるかどうかは、猫にとって大切なポイントです。

 

多くの猫は、広々とした場所で元気に動き回るのが好きなので、狭い部屋だとストレスを感じてしまいます。

また、ずっと一人で留守番させるのも猫にとってはストレスになることがあります。

もし、ペットOKの住宅に住んでなかったり、部屋が狭かったり、忙しくてちゃんと面倒を見られないときは、猫を飼うのは難しいかもしれません。

とくに賃貸の場合、猫は犬よりも「相談可物件」が少ないと言われています。

賃貸住宅のペット相談可物件では「犬は可、猫は不可」のケースが少なくありません。
物件数が少ないだけに、希望者からすれば希少価値の高い物件ということになります。

引用元:ヘーベルメゾンより抜粋

猫を家族に迎えようと思ったら、まず自分の家が猫にとって居心地のいい場所になるか考えてみることが大切です。

経済的に余裕がない

経済的に余裕がない人も、猫を飼うのはなかなか厳しいかもしれません。

繰り返しになりますが、猫の餌やトイレ砂、定期的な健康チェックやワクチン、病気や怪我のときの治療費など、猫の飼育には思った以上にお金がかかります。

とくに猫が病気になったときの治療費は高額になりがちです。

例えば、腎臓病や糖尿病などの慢性疾患にかかると、長期にわたって薬や特別な食事が必要になるため、月に数万円の治療費がかかることも少なくありません。

経済的に余裕がないと、猫も自分も幸せにはなれないため、猫との生活を考える際には、しっかりした経済計画を立てることが大切です。

過度のきれい好きで潔癖症

きれい好きだったり潔癖症の人にとって、猫の抜け毛や時々の粗相はストレスかもしれません。

猫は抜け毛が多い動物なので、家中に毛が飛び散ることは普通です。換毛期には、ソファやカーペット、服にも猫の毛が付きやすくなります。

時にはうっかりお部屋の中で粗相をしてしまうこともあります。

そのため、過度のキレイ好きや潔癖症の人は、猫を飼うのに向いていないかもしれません。

例えば、トイレの砂が部屋に散らばったり、猫が嘔吐してしまうこともあります。

また、爪とぎや遊んでいるときに壁やお気に入りの家具、服が傷つくこともあります。

きれい好きな人にとっては、毎日の掃除や注意が大変に感じるかもしれません。

猫との暮らしでは、ある程度の汚れや乱れを受け入れることが大切です。

清潔な環境を保つことは可能ですが、完璧な清潔さを保つのはなかなか難しいことは理解しておく必要があります。

忙しくて猫との時間がない

猫は一人で過ごす時間が長くなると、寂しさからストレスを感じたり、問題行動をとることがあります。

そのため、忙しくて猫との時間がない人は猫を飼うのに向いていないかもしれません。

忙しい毎日を送っている人にとって、猫との時間を作るのは意外と大変です。

例えば、朝早くから夜遅くまで仕事で家に帰るのが遅い、休日は趣味や外出でほとんど家にいない場合、猫と触れ合う時間をもてませんよね。

猫は自立している動物ですが、それでも飼い主さんとの交流や愛情を必要としています。

コミュニケーションが不足すると、猫が飼い主に馴染めないこともあります。

そのため、猫を飼う場合は、猫との時間を十分に確保できるかどうかも考えるべきです。

しつけを強要してしまう

猫に対して、しつけを強要する人も猫を飼うのが向いていないかもしれません。

実は猫は、犬のようにしつけに従うタイプではないと言われています。

自由な性格をしていて、自分の気持ちや好みに従って行動することが多いです。

そのため、しつけを強要しすぎると、猫がストレスを感じてしまったり、逆に飼い主さんとの関係が悪くなることもあります。

例えば、「ここでトイレをしなさい」とか「ここに登ってはダメ」と厳しく言っても、猫は理解しないことが多いです。

それよりも、猫がトイレをする場所を気に入るように工夫したり、登ってほしくない場所には猫が避けるようなアイテムを置いたりする方が効果的です。

猫との生活では、猫の自由な性格を理解して、それを受け入れられる柔軟性がとても大切です。

猫との生活を楽しむためには、猫の自然な行動を理解し、受け入れることが大切です。

猫の性質を理解していない

猫の性質を理解していない人も、猫を飼うのが向いていないことが多いです。

猫を飼うには、基本的な性質やニーズを理解していないと、上手に付き合うことができない可能性が高いです。

例えば、猫は独立心が強くてマイペース。いつでも人間に甘えたいわけではありません。

そして、猫はストレスを感じやすい動物で、環境の変化や新しい人に会うことに敏感です。

そのため、猫が安心して暮らせる環境を作ることが大切です。

もし猫を飼うことを考えているなら、本を読んだり猫を飼っている友達に話を聞いたりして、猫の性質や行動パターンを事前に学んでおくことが大事です。

猫がどんな食べ物を好むのか、どんな遊びを好むのか、どうやって健康管理をするのかなど、猫のことをよく知ることが、猫との幸せな暮らしにつながります。

最後まで面倒を見れない

猫を飼うということは、一つの命を預かるということです。

そのため、最後まで面倒を見れない人は猫を飼うのに向いていないかもしれません。

特に猫が高齢になると、健康上の問題が起こりやすくなり、介護が必要になることがあります。

一時的な気持ちで猫を迎え入れても、猫の命に責任を持つことはできません。

猫の一生は平均で15年程度。その間、猫の健康管理や、時には医療的なケアが必要になることもあります。

猫の介護や老後のケアに対して覚悟がないと、猫も飼い主さんも幸せにはなれません。

最後まで責任を持って支えられるかどうかを、しっかりと考えておく必要があります。

疲れる・しんどいのはどんなとき?

猫を飼う上で、疲れたりしんどいと思うのはどんなときなのでしょうか?

とくに疲れるのは、猫の世話を始めたばかりのときです。

例えば、

  • ご飯
  • 水の準備
  • トイレ掃除
  • ブラッシング

など、慣れない毎日のケアに手間と時間がかかります。

また、猫は好奇心旺盛で、家の中を走り回ったり、いたずらをすることもあるため、目が離せず「しんどい」と感じる人もいます。

他には、猫が病気になって看病が必要になったときは、寝不足になったり精神的に疲れることもあります。

ですが、そんなしんどい時を乗り越えたとき、猫との間に深い絆が生まれます。

猫の気まぐれの行動で疲れたり、お世話がしんどいと感じることもありますが、そのすべてがかわいい愛猫との素敵な思い出に変わっていきます。

ノイローゼになってしまうのはどんなとき?

猫の世話に追われて、飼い主さんがノイローゼ気味になってしまうこともあると言います。

例えば、猫が具合が悪く心配で夜も眠れない、病気の看病や医療費が高く悩んでしまう、いたずら好きな猫が何度も部屋を荒らしてイライラする、といったケースです。

猫は可愛い存在ですが、なかには猫との暮らしでメンタルがやられる飼い主さんもいるようです。

しかし、猫がスリスリと甘えてくると、ストレスが消え心が癒されるのも確かです。

ときには猫の世話に疲れることもありますが、猫との穏やかな時間を大切にして、心のバランスを保つことが大切です。

猫を飼うと家はこうなる

猫と一緒に暮らし始めると、家の中が少しずつ変わっていくことが多いです。

例えば、猫のおもちゃやキャットタワーが新しいインテリアになったり、部屋の隅には爪とぎが置かれたりします。

ちょっとした空きスペースに、猫の場所ができる場合が多いです。

家具やカーペットには猫の毛が付くため、掃除の回数が増えるかもしれません。

その分、「掃除の腕が上がった」「お掃除グッズが好きになった」という人もいます。

猫が好奇心旺盛に家具を傷つけることもあるため、猫のことを考えた家具選び(傷がつきにくい・見えにくいなど)をする人も多いようです。

すべてがポジティブな変化ではありませんが、猫を飼うことで変わる家の変化を楽しむことが大切です。

ストレス解消と癒しの効果

猫と暮らすことは、日々のストレスを和らげ心に穏やかな時間をもたらします。

喉を鳴らす音や、柔らかな毛触りは、ただそこにいるだけで私たちを癒してくれます。

猫の存在そのものが、心の支えになる人も多いです。

また、猫のかわいらしい行動や表情は、日常に特別な彩りを加えます。

じゃれ合ってくる姿、ぐっすり眠る姿、時にはいたずらをしてくる姿も、猫の愛らしさを感じさせます。

猫が見せるさまざまな表情や仕草は、日々の生活に小さな喜びを運んでくれます。

猫と暮らすと、忙しい日常の中にも「小さな癒し」を見つけられるようになります。

猫のしぐさ一つで笑顔になったり、猫が寄り添ってくると安心感を覚えたり。猫がいるだけで、家がほっとする場所に変わるかもしれません。

猫との信頼関係とは

毎日を猫と過ごす中で、お互いの信頼関係は徐々に築かれていきます。

愛猫との信頼を深める過程では、飼い主自身も新たな発見があり、共に成長する機会になります。

また、猫との生活は日常に深い充実感をもたらします。

一緒に遊んだり、のんびり過ごしたりする時間は、日常の小さな幸せとなり、忘れられない思い出を作ります。

猫との生活は「日々のストレスを忘れさせてくれる心のオアシス」と言う人もいます。

猫の飼うことで得られる学び

猫を飼うことは、単なるペットの世話以上の価値があります。

なぜなら、日々の世話を通じて、

  • 忍耐力
  • 責任感
  • 愛情深さ

といった人間として大切なことを学ぶチャンスだからです。

猫の行動や癖を理解する過程で、飼い主自身も成長し、さまざまな学びを得ることができます。

また、猫は家族の絆を深める力も持っています。

猫の世話を家族みんなで分担することで、互いの協力や理解を深め、家族としての絆を強くします。

猫は家族の一員として、毎日に愛と癒しをもたらし、家族全員の成長や幸せを運ぶ存在です。

もちろん、一人暮らしの人でも猫がもたらす小さな喜びや学びは一緒です。

 

猫と生活をしていると、時に「猫は飼うんじゃなかった」と思うこともあるかもしれませんが、実はそれを大きく上回る喜びや充実感があります。

毎日に小さな幸せを感じられる素晴らしい経験となるはずです。

猫を飼おうと思っているなら、これらの点をよく考えて猫との生活を楽しんでください。

まとめ:【猫を飼うんじゃなかった】と感じる瞬間と後悔しないためのポイント

編集部
編集部

最後に今回の記事をまとめます!

  • 猫の抜け毛は掃除の頻度を増やす
  • 旅行への制約があり、ペットホテルやシッターが必要になることも
  • 引っ越しは猫にとって大きなストレスになる
  • 家具や柱が猫の爪とぎで傷つく可能性がある
  • 猫の夜行性は飼い主の睡眠に影響を与えることがある
  • 猫のかわいさに家事や仕事がおろそかになることも
  • ペットロスは精神的な影響が大きい
  • 猫の飼育は食費、医療費、日用品などの経済的な負担が伴う
  • 賃貸住宅では猫による損傷の修繕費が発生することがある
  • 暖房費が増加し、猫の快適な環境作りにはコストがかかる
  • 猫との生活はストレス解消や癒しの効果をもたらす
  • 猫との信頼関係や共に成長する喜びが得られる
タイトルとURLをコピーしました